new post | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院 月別アーカイブ | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院
カテゴリー | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院
  • トップページ | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院
  • 院長ブログ | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院
  • 不妊鍼灸施術について | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院
  • 三ツ川鍼灸院のこだわり | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院
  • 施術の流れ | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院
  • 不妊鍼灸Q&A
  • 妊娠報告(患者様の声) | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院
  • その他のお悩みについて | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院
  • 院長の健康コラム | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院
  • 妊娠するためのやさしい気功教室 | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院
  • あきゅも・手あての会 | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院
TOPページ > 院長ブログ

院長ブログ | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院


1 / 5612345...102030...最後 »

2018年1月9日

東洋医学からみた「妊娠しやすい体」とは?

あなたは、

「妊娠しやすい体」になるためにはどうすればよいか?

色々なものを見聞きし試してこられたのではないでしょうか。

 

当院に来院される方に

お話しを聞いていると、

その方の体質にとっては、

逆に妊娠しにくいのではないかな?

ということを実践されていることがよくあります。

 

下記のようなことです。

 

① とにかく体に良いということは全てする。

 

② 過度な運動をおこなっている。

 

③ カイロを体に貼っている。

 

思い当たることはないでしょうか?

 

どうしていけないのか?

1つ1つみていきましょう。

 

 

 

① とにかく体に良いということは全てする

 

以前にこんな方がいらっしゃいました。

 

妊娠に良いとされるサプリメントを3種類

漢方薬を2種類、妊娠しやすいお茶、体に良い水を飲んで。

 

妊娠しやすくなる整体へ週に1回、ヨガへ週に2回通い。

 

水晶のブレスレット2種類、首に体に良いネックレス。

 

妊娠することにご利益がある神社めぐり。

 

たくさん良いことをすると、

たくさん体が良くなるのではなく、

逆に悪くなってしまいます。

 

そうしたい気持ちはわかるのですが、

その方の脈を拝見すると、

非常に弱く固く流れの悪い脈で、

身体が良いとは言えない状態でした。

 

東洋医学では、

身体のバランスがとれていることが大切と考えています。

 

身体にとって、

必要最低限のことだけをすることで、

バランスがとれ、生命力が上がります。

 

実際に伝統的な東洋医学を実践している鍼灸では、

なるべく鍼の数を減らすことが良い治療とされています。

 

たくさん鍼をすると、

ドーゼ(治療量)オーバーになり、

体のバランスが崩れ、

違う症状がでてきたりするからです。

 

テレビで体に針山のように鍼を刺しているのを

見ることがありますが、

伝統鍼灸から見れば論外です。

 

テレビ用のパフォーマンスもあるのでしょう。

そのような針は受けないでください。

 

たくさん鍼をすれば良くなることは断じてありません。

 

ですから、

「妊娠しやすい体」のためには、

余計なことをや体に合わないことをせずに

その方の体質に合ったことを必要最低限することです。

 

ご自身の体質などは、

伝統的な東洋医学を実践している専門家に相談してください。

 

 

② 過度な運動をおこなっている

 

運動をすることはとても大切なことです。

特に冷え症の方の8割は運動不足と言われています。

 

ですが、東洋医学では、

過度な運動は妊娠にとっては良くないと考えています。

 

激しい運動をすることで、

子宮に必要な「血(けつ)」を

使い過ぎてしまうからです。

 

その結果、妊娠しにくくなってしまいます。

 

女性のアスリートの方が、

生理がないというのはよく聞くことです。

 

私の先輩鍼灸師が診ている大学の女性駅伝選手は、

練習後、寒くてぶるぶる震えていると聞きました。

 

体の「血」が消耗してしまい、

温める機能が低下してしまったのです。

 

特に女性は、子宮に「血」が必要です。

これから妊娠を望む方は、

過度な運動は控えましょう!

 

では、これから妊娠を望むあなたにとって、

どんな運動がいいのでしょうか。

 

当院では、1日30分以上の有酸素運動を

週に3回以上おこなうようにお伝えしています。

 

やはりウォーキングがいいでしょう。

 

特に卵子のアンチエイジングに、

効果があると言われているのが、

ミトコンドリアウォーキングです。

 

方法としては、

最初の2、3分小走りをして、

その後30分以上の早歩きをするというものです。

 

この方法で30分全てが有酸素運動になり、

ミトコンドリアが増えて、

卵子の老化を防いでくれます。

 

時間や回数は、

一般的な目安ですので、

ご自身の体の状態に合わせて、

気持ち良く続けられる頻度でおこなってください。

 

 

 ③ カイロを体に貼っている

 

 これも冬場によくされていますし、

生理痛のひどい方が下腹部に当てたりされています。

 

あなたも体外受精の移植後に、

下腹部にカイロを貼ったりしていませんか?

 

貼るカイロは医療用で開発されたものではありません。

 

自分の体温より高いものを、

何時間も当てているというのは、

異常な状態です。

 

これでは着床するものも着床しません。

 

また、冬になると常に背中や腰に貼っている方は、

それがないとダメな体になってしまっています。

 

そういったことは、

少しずつ止めるようにして、

自分の力で熱を作る体にしていきましょう。

 

 

以上3つのように、

「妊娠しやすい体」になるために実践していることが、

逆効果になっていては、

いつまでたっても、

妊娠そして赤ちゃんを手にするという結果にたどりつけません。

 

ですので、

あなたが東洋医学的にどのような体質かを知ることは、

妊娠への近道でもあると思います。

 

2018年1月6日

あなたの不妊は「血の不足(血虚)」が原因かもしれません

次のような症状でお困りではないでしょうか?

 

■ 手足が冷えやすい。

■ 疲れやすく、顔色が悪い。

■ 生理の後半から終わった後に生理痛がある。

■ 経血が少なくなり、月経周期が長くなりやすい。

■ 筋肉が痙攣(けいれん)したり、つりやすい。

■ 爪が薄くて割れやすい。

■ 目が疲れやすく、乾きやすい。

■ 肌が乾燥する。

■ 髪にツヤが無くパサついて、抜け毛が多い。

■ 不安感が強く、気分が落ち込みやすい。

■ 眠りが浅く、夢を見ることが多い。

 

3つ以上当てはまる症状があるようでしたら、

あなたのお身体は、

東洋医学で言う「血虚(血の不足)」の状態かもしれません。

 

この「血虚」体質の方には。

「婦人宝(ふじんほう」という漢方薬が良く効きます。

 

 

あなたの不妊は「血の不足(血虚)」が原因かもしれません | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院

 

 

どうして「血虚」に「婦人宝」が、

効果があるのでしょうか?

 

この「婦人宝」には、

古代から女性のミカタとして愛用されてきた、

当帰(とうき)」と「阿膠(あきょう)」という生薬が、

配合されているからです。

 

当帰(とうき)」は、

女性の健康な身体づくりに、

欠かせない生薬として知られるセリ科の植物です。

 

血を補い身体を温め、血のめぐりを良くすると言われ、

中国では昔から「女性の宝」として重宝されてきました。

 

中国の民話にも、

病に倒れた女性が当帰の根を食べて、

その病を克服した話が伝わっています。

 

この当帰には、以下のような作用があります。

 

● 血を補い生理を整える。

● 血行を促進し、痛みを止める。

● 子宮の緊張を緩和し、痛みを鎮める。

 

 

阿膠(あきょう)」は、

中国の西太后が阿膠を飲んで不妊治療に成功し、

同治帝を産んだということでも知られています。

 

この阿膠には、以下のような作用があります。

 

● 血を補い生理を整える。

● 体液を補いうるおいを与える。

● 不正出血を改善する。

 

 

この2種の生薬だけでも効果が高いのですが、

 さらに、その他に8種の生薬が配合され、

より効果を高めているのが、

「婦人宝」なのです。

 

実際に当院でも、

「婦人宝」を服用しながら鍼灸を施すことによって、

「血」の流れが良くなり、

妊娠という結果に繋がっています。

 

あなたも「婦人宝」と「鍼灸」の併用で、

「血虚(けっきょ)」を改善して、

妊娠しやすい身体になりませんか。

 

三ツ川レディース鍼灸院

三ツ川

 

 

 

 

2017年12月30日

年末年始 営業のお知らせ 12月30日(土)~1月4日(木)まで休診いたします。

12月30日(土)~1月4日(木)まで休診いたします。

5日(金)から通常通り診療いたしますので、よろしくお願いいたします。

2017年12月22日

排卵検査薬の使い方

自然妊娠を望まれる方、

もしくは、まだお若くて、

人工授精や体外受精まではまだと、

お考えの方におすすめしている本があります。

 

妊娠カウンセリング こまえクリニック院長放生勲著」です。

 

排卵検査薬の使い方 | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院

 

この本は自然妊娠を望む方には、

すごく参考になる本です。

 

特に基礎体温を1週間測ればOKということが書かれています。

 

基礎体温を測ることがストレスになっている方は以外に多く、

またストレスになっていることに気が付いていない方さえいらっしゃいます。

 

こういった方は、毎朝の基礎体温の計測を止めて、

すごく楽になったとおっしゃいます。

 

私もこういったストレスが、

妊娠を遠ざけているケースを

たくさん見てきています。

 

基礎体温をつけることがストレスになっていないか、

お聞きするようにしています。

 

また、この本の中では、

惜しまずに排卵検査薬を使用して、

排卵をより立体的にとらえることが大切だと書かれています。

 

排卵検査薬は日本製のものは値段が高く、

惜しま使うことができませんので、

インターネットでアメリカ製のものを購入すると良いと思います。

 

アメリカ製の排卵検査薬のネット通販サイトは→こちら

 

排卵検査薬の使い方は上記のサイトにも

掲載されていますので、

参考にしてください。

 

このアメリカ製の排卵検査薬では、

朝一の尿を避け、毎日同じ時間帯に測定します。

 

確実な結果を得るため、

測定の2時間前から大量の水補給を控えます。

検査開始日から排卵予知が出るまで1日1回測定します。

 

生理周期が大体28日の方は、

生理が始まって11日目から排卵検査薬を毎日使用します。

 

生理周期が29日の方は、

12日目からというように使用し始めます。

 

そしてこの本にあるように、

排卵検査薬を惜しまずに7日間使用して、

どこで排卵しているのかを立体的に把握します。

 

陽性反応が出始め、排卵が近づいてくるようでしたら、

 10~12時間間隔で1日2回測定することによって、

より確実に排卵時刻を得ることができます。

 

陽性反応日、その翌日、翌々日が最も妊娠しやすいタイミングです。

 

妊娠の確率を高めるには、

この3日間にタイミングを2回とることをおススメします。

 

 

 

2017年12月5日

京都から来院され妊娠された方

当院で妊娠された方からのご紹介で、

京都から来院されていた方が妊娠されました。

 

初診ではお母様と一緒に来院され、

色々お話しを聞いていましたが、

お母様とご一緒では、

ご本人の口からどうされたいのかが伝わってこなかったのですが、

お一人で来院され、お話しをお聞きすると、

赤ちゃんへの思いは強く、

身体づくりでできることをやってみたいとのことでした。

 

結婚され6年以上になるが妊娠に至らず。

2015年から京都の不妊専門クリニックで不妊治療を開始された。

2016年には顕微授精を2回するも妊娠に至らず。

 

2017年の3月にはクリニックを転院され、

体外受精をおこなうも陰性。

 

当院には7月に来院され、

身体づくりをしてから移植に臨みたいとのことでした。

 

初診でお話しをお聞きすると、

子宮内膜症で卵巣嚢腫にまで進んでいるとのこと。

東洋医学では瘀血や湿痰が原因と考えます。

 

そして、去年は赤ちゃんができないことや、

ご主人の仕事に対するストレスが最大になり、

不安から軽いうつ状態にもなったとのことでした。

 

ストレスから肝の疏泄作用が失調して、脾にも相克的に影響し、

病理産物である湿痰が形成され子宮内膜症の状態になったと考えました。

 

鍼灸の本治法としては、

肝と脾のバランスを整えるように治療しました。

 

そうしたところ、

不安定だった情緒が安定し、

生理前や生理時の症状が改善され、

バランスが整ってきたようでした。

 

そこで移植にGOサインを出し、

その周期の移植で見事に陽性判定。

 

今現在も妊娠継続していただいています。

 

今後は良いお産になるように、

引き続き鍼灸治療を継続していただけたらと思います。

 

遠方より来院された場合は、

どうしても、詰めて来院できない事情があることが多いです。

 

そういうケースの場合は、

漢方薬にプラスで自宅でできるお灸なども併用しながら、

効果を上げることができますので、

遠方の方もご相談ください。

 

 

1 / 5612345...102030...最後 »


back to top