new post | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院 月別アーカイブ | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院
カテゴリー | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院
  • トップページ | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院
  • 院長ブログ | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院
  • 不妊鍼灸施術について | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院
  • 三ツ川鍼灸院のこだわり | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院
  • 施術の流れ | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院
  • 不妊鍼灸Q&A
  • 妊娠報告(患者様の声) | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院
  • その他のお悩みについて | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院
  • 院長の健康コラム | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院
  • 妊娠するためのやさしい気功教室 | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院
  • あきゅも・手あての会 | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院
TOPページ > 院長ブログ

院長ブログ | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院


2 / 11012345...102030...最後 »

2018年3月28日

FSH値52を改善して妊娠に至った39歳Sさん、心拍が確認できました。

三ツ川レディース鍼灸院の三ツ川です。

 

FSH高値のSさんが、

無事妊娠7週に入られ、

心拍を確認されました。

 

少し安心できる週数になり、

私もホッとしました。

 

Sさんは去年の11月頃、

FSHが高く卵胞が育たないということで、

当院を来院されました。

 

当院に来院されるまで、

10回以上の採卵と移植を繰り返してこられましたが、

妊娠には至りませんでした。

 

ここ数回はFSHが高くなり卵胞が育たず、

採卵がキャンセルになることが続き、

現在はカウフマン療法をおこなっているとのことでした。

 

その間に少しでも卵巣の状態を良くしたいとの思いで、

当院に来院してくださいました。

 

体外受精を繰り返し、

ホルモン剤を多用していると、

東洋医学でいう、瘀血(おけつ)という状態になります。

 

「瘀血」とは血の流れが滞った状態で、

女性では特に骨盤の中の血流が悪くなった状態と言ってもいいでしょう。

 

骨盤の中の血の流れが悪くなると、

栄養が十分に卵巣に届かず、

働きが低下してしまいます。

 

一旦、西洋医学の治療は休んでいただき、

3周期はこの骨盤の中の瘀血を改善するために、

活血を中心とした漢方薬と瘀血を取る鍼灸で治療すること、

それから血を補うということを加えていく治療を、

提案させていただきました。

 

 最初は3周期も休むということに抵抗があり、

迷っていらっしゃいましたが、

一緒にお話しを聞きに来られたご主人が、

後押ししてくださり、

当院での治療をすすめていくことになりました。

 

鍼灸治療を始めて、

1周期目には下腹部にあった堅さもとれ、

ふっくら柔らかくなり、

ご自身でも身体が軽くなったり、

慢性的な頭痛や肩こりの改善を感じていらっしゃるようでした。

 

私も思っていたより脈の状態が良くなり、

素直に身体が反応を示してくれていると感じていました。

 

FSHも順調に下がり、

50台から20台と下がり、

採卵周期では、10以下まで下がることができ、

お医者様からもこれで採卵できるとお墨付きもらい。

無事採卵することができました。

 

そして、妊娠陽性。

 

今回、心拍を確認できたという報告を受けて、

私としても少し安堵しました。

 

当然これからも元気にお産するまで、

いくつかの関門があると思います。

 

ですが、今までの身体づくりを信じて、

お産まで過ごしていただければと思います。

 

 

 

 

 

 

 

2018年3月13日

(一社)東洋はり医学会関西の入会説明会について

私の所属する(一社)東洋はり医学会関西では、

2018年度の入会者を募集しています。

 

それに際して下記のように説明会を開催していますので、

大阪で鍼灸経絡治療の勉強がしたいという方は、

是非、足を運んでみてください。

 

入会説明会開催のお知らせ

(一社)東洋はり医学会関西は、大阪で鍼灸経絡治療を普及啓蒙して40年になろうとしています。今までたくさんの臨床家を育ててきました。今後も手から手への技術指導を深めて経絡治療家の育成に努めていきたいと思います。

入会説明会の実技では、一人ひとり手にとっての脉診や鍼の刺し方の実技を体験していただくことができます。奮ってご参加ください。

入会を迷っているあなたへ

(一社)東洋はり医学会関西の入会説明会について | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院

入会説明会開催

【日時】平成30年3月18日(日) 13:00〜15:40(受付開始 12:30)

【会場】 森ノ宮医療学園専門学校 401号室
〒537-0022 大阪府大阪市東成区中本4-1-8

【参加費】無料

【内容】

■本会に入会すると学べる治療法は?

■本会の学術を習得すると取り扱えるようになる疾患は?

■入会のご説明

【参加特典】

その①:経絡治療講義 (誰でもできる経絡治療腰痛編)を受講していただけます。

その②:聴講講義を受講していただけます。

その③:実技(少人数での手から手への実技指導を受けれます)に参加していただけます。3月の実技は宮脇奇経治療です。この機会にぜひ!

【予約申込・お問い合わせ】

予約申し込み・お問い合わせは

お問い合わせフォームをご利用ください

※お申込みの際には件名に「認定コース説明会参加申込または入会説明会参加申込」とご記入の上、1,氏名 2,年齢 3,学校 4,学年(昼・夜) 5,住所 6,電話番号 をお知らせください。

もしくは下記電話連絡先でも承っています。

気軽にお電話ください。

TEL. 072-872-5678(東洋はり医学会関西公報部:三ツ川友一郎まで)


本会のご案内

本会は経絡治療鍼灸臨床専門家を育成して40年の実績があります。

2016年には、国から認められた学術団体として一般社団法人東洋はり医学会関西を設立しました。

実技

少人数の班に1人ずつ指導講師がつき「手から手へ」丁寧に実技指導します。

脉診(脈診)・取穴・基本刺鍼・証決定など経絡治療に必要な技術を「手から手へ」丁寧に指導することにより、誰でも経絡治療が習得できるようカリキュラムが構成されています。

会員全員が臨床力の高い経絡治療家になることを目的としています。

経絡治療の本治法の習得に加え、さらに刺絡治療、子午治療、当会が誇る宮脇奇経治療、古野式経絡骨盤調整療法などの習得により、会員全員が臨床力の高い経絡治療家になることを目指します。

経絡治療を習得すると取り扱えるようになる疾患

■肩・腰・膝などの痛みの治療

■アトピーなどのアレルギー疾患

■不妊症や産前産後のマイナートラブル

■うつ病・パニック障害などのこころの病

■各種内臓疾患

■難病

■その他

経絡治療以外にも効果の高い治療法が習得できます。

宮脇奇経治療

https://hariqfantsist.amebaownd.com/pages/1267893/page_201709122318

古野式経絡骨盤調整療法

https://hariqfantsist.amebaownd.com/posts/3670999

集団研修、手から手への実技指導が必要な理由

病体に応じた補瀉のテクニックを使いこなすためには、それぞれの虚実の脉状の鑑別とそれに応ずる各手技の微妙な手さばきを習得しなければなりません。
これらは、触覚所見の勉強と同じで然るべき指導者について手から手への実技指導により初めて習得が可能となります。
独学では中々難しいでしょう。
ここに集団刺鍼研修の必要性があるわけです。

(指導者が)やって見せて、(受講生に)やってもらって、(指導者が)手直しして、(受講生に)またやってもらう。

技術の伝承というのはこれが正解です。
中には見ただけでできるようになる方もいるでしょう。
ただし、それは一部の天才だけです。
昔から鍼灸だけでなく伝統技術の世界は師匠の技を見て覚えろと言われてきました。
素直に見習うことは何より大事です。
師匠につく弟子の心得です。
この技の世界技の道の精神は時代が変わろうとも受け継がなければならない伝統であり、指導法は見て覚えろから時代にあわせてマンツーマンでの手ほどきへと革新すべきです。
指導者から受講生へ、手から手への実技指導で、誰でも技術を習得できます・・・

続きは以下のページからご覧いただけます。

とても大切な内容ですので是非全文をご覧になってください。

https://hariqfantsist.amebaownd.com/posts/3639823


入会説明会開催

【日時】平成30年3月18日(日) 13:00〜15:40(受付開始 12:30)

【会場】 森ノ宮医療学園専門学校 401号室
〒537-0022 大阪府大阪市東成区中本4-1-8

【参加費】無料

【内容】

■本会に入会すると学べる治療法は?

■本会の学術を習得すると取り扱えるようになる疾患は?

■入会のご説明

【参加特典】

その①:経絡治療講義 (誰でもできる経絡治療腰痛編)を受講していただけます。

その②:聴講講義を受講していただけます。

その③:実技(少人数での手から手への実技指導を受けれます)に参加していただけます。3月の実技は宮脇奇経治療です。この機会にぜひ!

【予約申込・お問い合わせ】 
本ホームページの「お問い合わせ」をご利用になるか または toyoharikansai@yahoo.co.jp にメールして下さい。

※お申込みの際には件名に「認定コース説明会参加申込または入会説明会参加申込」とご記入の上、1,氏名 2,年齢 3,学校 4,学年(昼・夜) 5,住所 6,電話番号 をお知らせください。

TEL. 072-872-5678(東洋はり医学会関西公報部:三ツ川友一郎まで)


 

経絡治療を習得して

患者を病苦から救える

鍼灸師に成りましょう!

 

(一社)東洋はり医学会関西の入会説明会について | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院


平成30年度入会募集要項

定員 25名(定員になり次第締め切ります)
資格 経絡治療による「はり専門家」を志し、毎月例会に出席できる方。
出願書類 ①入会申込書兼登録票
ダウンロードまたは下記広報部までご請求ください)
②小論文 テーマ「入会の動機」
(400字詰め原稿用紙2枚以内、または点字用紙1枚)
オンライン入会登録

オンライン入会フォームはこちら

小論文もこのフォームで添付または書き込みいただけます。
鍼灸学校在学中の方は学年とともに在学年度もご記入ください。
例:○○鍼灸学校2年(平成29年度時点)

オンライン入会申し込み受付後、数日以内に広報部担当者から受付済の電話をお掛けいたします。
オンライン入会申し込みにご使用のPC、スマートフォンと当オンライン入会フォームとのシステム上の相性の関係により、まれにオンライン入会申し込みのメールが正常に届かないケースも過去にございます。
オンライン入会申し込みフォームからのメール送信後、数日以内に受付済の電話がない場合はお手数ですが当HPお問い合わせメールフォームにお問い合わせください。
または下記広報部三ツ川まで電話でのお問い合わせも承ります。

募集締切

平成30年3月31日必着

途中入会も可能です。補講などの調整が必要ですので、詳しくはお問い合わせメールフォームにお問い合わせください。

入会金 一般 30,000円 / 新卒者 10,000円 / 学生 無料
年会費 37,000円
※年会費は2回分割納入可。
※本部年会費・機関紙代金(年12冊)17,000円が別途必要です。
(学生会員は無料)

※入会を許可された方には振込用紙をお送りします。
入会式・例会 平成30年4月15日
(例会開催日は毎月第3日曜日です)
会場

森ノ宮医療学園専門学校

TEL.06-6976-6889
〒537-0022大阪市東成区中本4-1-8

提出先 (一社)東洋はり医学会関西
三ツ川友一郎

tel 072-872-5678

〒574-0026
大阪府大東市住道1-2-25 三ツ川鍼灸院内

 お問合せメールフォームはこちら

2018年3月2日

所属する(一社)東洋はり医学会関西のHPがリニューアルしました

私が所属する鍼灸の学術団体である

(一社)東洋はり医学会関西のホームページがリニューアルしました。

 

日本伝統医学である経絡治療は、

会得するのが難しいため、

一人で修練してもなかなか身に付きません。

 

同じ志を持つ仲間が集い、修練することで、

難しい鍼灸術も会得しやすくなります。

 

これからも、(一社)東洋はり医学会関西で修練して、

皆さんに還元したいと思います。

 

2018年2月22日

妊娠報告 不妊 Tさん 35歳 東大阪市 鍼灸施術8か月

三ツ川レディース鍼灸院の三ツ川です。

妊娠報告を書いていただきましたので、

掲載させていただきます。

 

よく不妊治療は光の見えないトンネルに例えられますが、

妊娠された方の体験は、

赤ちゃんを待ち望んでいらっしゃる方々に、

希望と光を与えてくれるものだと思います。

 

そういった主旨に賛同、ご理解していただき、

妊娠報告を書いていただいています。

 

2014年 4月 31歳で結婚

2015年 9月 33歳の誕生日を機に産婦人科を受診

2015年11月 三ツ川レディース鍼灸院へ (~2016年2月まで)

 

結婚をしてすぐにでも子供は欲しいと思っていましたがなかなか授からなかった為、

思い切って検査をしてもらおうと職場近くの産婦人科へ。

と同時に“不妊鍼”の存在をしり、門を叩きました。

しかしながら、産婦人科では何の検査もしてもらえず、ただただ誘発剤の注射をされ、タイミング指導されるのみ。

病院に対しての不信感が募り転院を決意。(タイミング通算3回)

鍼灸への通院も経済的や、転院すればすぐに授かるだろうと言う甘い考えから

一旦ストップする。

 

2016年 2月 不妊治療専門の後藤レディースクリニックへ転院

       タイミング法に挑みながら夫婦ともに一通りの検査を行うも

       検査結果は異常なし。タイミング法も計4回行うも叶わず(通算7回)

2016年 6月 人工授精へステップアップ。通算6回行うも叶わず

2017年 1月 体外受精を決意する。

2017年 2月 三ツ川レディース鍼灸院へ再通院。(週1回ペース)

2017年 3月 アンタゴニスト法にて採卵。

       採卵数5個 → 受精数5個 → 初期胚1個・胚盤胞2個の凍結に成功

2017年 5月 ホルモン補充周期にてグレード2の胚盤胞を移植するも陰性

2017年 7月 自然周期にてグレード2の胚盤胞を移植。初めての陽性反応で妊娠する

 

体外受精を決意した時は藁にもすがる思いで蔵重先生の顔を思いだし、すぐに再通院を決めました。“毎日コツコツ”が苦手な性格な為、自身で行っていた習慣は簡単なことばかり。

・禁酒する

・2週間に3回のヨガ

・毎晩お風呂に浸かる

・24時間足首ウォーマーと腹巻の着用 

・週に1回の鍼灸通院と毎日の自宅灸   くらい。

振り返って考えてみても、成功の鍵は鍼灸だったのではないかと思います。

採卵~移植までも決して平坦ではありませんでしたが“週に1回は体を整えてもらっているんだから大丈夫!”と精神的な支えとなり、“いい脈ですよ”と言って頂けると心から安心でき、それが『何よりの自信→ポジティブな思考→前向きな治療→妊娠』に繋がったと思います。

その信頼性は揺るがず、妊娠9ヵ月の今でも週1回のペースで通院しています。

施術中は胎動が激しくなり、お腹の形もキレイなまん丸に変化するので、施術後のその変化が今では楽しみになっています。そして大きな問題もなく、楽しい満足なマタニティライフを送れているのも鍼灸のお陰だと思っています。

出産間際までは途切れることなく通院し、万全な体調で出産を迎えたいと思います。

 

誰しも目に直接見えない効果は“本当に効いているの?”と半信半疑になる時もあると思いますが、信じることが一番の近道なんだと教えてくれた体験談です。

2018年2月15日

鍼灸師が教える不妊鍼灸院選びの8つのポイント

三ツ川レディース鍼灸院の三ツ川です。

 

以下のようなメールをいただきました。

 

「初めまして、Fと申します。

 

現在、第二子の妊娠を希望しているのですが、

1年ほど妊娠の兆しがない状態です。

 

1人目は無事出産しておりますので、

産婦人科で不妊治療を始めるには迷いがあり、

まずは鍼灸から始めようと思い立ちました。

 

鍼灸の経験が全くなく、

どの鍼灸院を選べばよいか迷っている状態です。

 

三ツ川レディース鍼灸様は、

やや自宅から遠い場所にございますので、

通えるかどうか不安があります。

 

そこで、良い鍼灸院の選び方など御座いましたら

教えて頂きたいです。」

 

 

最近よくこのようなご質問がございますので、

「良い不妊鍼灸院の選び方」をメールで返信しています。

 

当院が不妊をメインに鍼灸を始めてから、

13年目になります。

 

当初は不妊をメインで行っている鍼灸院は、

当院を入れて大阪では3件ほどでした。

 

それが5年ほど前から、

全国的に不妊を謳う鍼灸院が増えていきました。

 

これは、一部の行き過ぎた商業主義の鍼灸院が、

不妊鍼灸が儲かるといったセミナーを開催し、

そういったセミナーに参加した鍼灸師が、

安易に儲かるからと不妊鍼灸を謳っています。

 

未だ赤ちゃんに恵まれていない方々にとっては、

鍼灸を取り入れて身体づくりをすることで、

妊娠する可能性を高めたいという思いは、

非常に切実です。

 

そういった方々が、

ただ儲かるからという商業的な考えだけで、

不妊を謳う鍼灸院を選択してしまっては、

逆に妊娠から遠ざかってしまいます。

 

女性にとって妊娠できる期間というのは限られています。

その限られた期間の中で不妊治療をされている方には、

時間というのは本当に大切なものです。

 

またまじめに鍼灸治療を提供しようとしてきた鍼灸師が、

これまで築いてきた不妊鍼灸が、

こういったことで衰退してしまうのも非常に残念です。

 

切実な思いで不妊治療に取り組んでいらっしゃる方々の参考になればと

鍼灸師の立場から「不妊鍼灸院の選び方」をまとめたいと思います。

 

気になると思う鍼灸院のホームページを見て、

以下8つのポイントをチェックしましょう。

 

 

【8つのポイント】

 

① 値段が極端に高くないか

② 妊娠率を明示しているが極端に高くないか

③ 「メディアで掲載された!」は全て広告です

④ 施術者の臨床経験は豊富か

⑤ 学術団体に所属しているか

⑥ 個室などプライバシーの配慮がなされているか

⑦ 鍼灸以外の整体などのメニューがある

⑧ 東洋医学的な鍼灸であるか

 

 

順番に見ていきましょう。

 

 

① 値段が極端に高くないか

 

鍼灸院の治療費は保険が効かず実費になります。

大阪で鍼灸院の治療費の平均は、

4,000円が相場ではないでしょうか。

 

そんな中、不妊専門鍼灸院の治療費は

7,000円を超えているところがあります。

 高い所では10,000円(税抜)を越えているところすらあります。

 

治療費が高い分、

必ずしも技術も高いというわけではありません。

 

相場の治療費より高いのは、

不妊専門だからということです。

 

ですが、鍼灸師として知っておく必要がある

不妊における西洋医学的な知識は、

3か月もあれば十分知ることができます。

 

確かに西洋医学的な知識も無いより、

詳しく知っていることは大切なことです。

 

ですが、それより大事なことは、

鍼灸で身体にしっかり良い変化を与える技術があるかないかです。

 

鍼灸では不妊専門だから、

特別な治療をおこなっている訳ではありません。

 

ただ単に不妊専門と謳うだけで値段を上げているのです。

 

専門とすることでより付加価値を上げようとしているのですが、

何をもって不妊専門かはあいまいです。

 

それより大事なことは、

鍼灸で身体にしっかり良い変化を与える技術があるかないかです。

 

あなたならどちらを選びますか?

 

  • 西洋医学的な不妊の知識はあるが身体に変化がない治療

 

  • 西洋医学的な不妊の知識はそこそこで不妊専門ではないが、

 しっかり身体に良い変化を与えられる治療

 

後者の方が、より妊娠に近い鍼灸院と言えます。

 

西洋医学的な不妊の知識もしっかりあり、

身体に良い変化を与えられる鍼灸院が、

より良いのは言うまでもありません。

 

ここで言いたいのは、

必ずしも不妊専門鍼灸院が良いとは限らないということです。

 

 

② 妊娠率を明示しているが極端に高くないか

 

妊娠率などが80%以上など、

極端に高くなっている鍼灸院が見受けられます。

 

ですが、そもそも分子と分母をどのようにとるかで、

数字はいかようにも変えることができます。

 

具体的な数字には目がいきやすいものですが、

その鍼灸院が独自に算出していることなので、

客観性が無く、どこまで信じていいのか分かりません。

 

また、妊娠することが目標ではありません。

 

その方が元気で元気な赤ちゃんをその手で抱くことが、

目標ではないでしょうか。

 

 

 ③ 「メディアで掲載された!」は全て広告です

 

ホームページで、

メディア「不妊専門情報誌」で掲載されました、

もしくは取り上げられました、

と自身のHPで謳っている鍼灸院があります。

 

例えば、「赤ちゃんが欲しい」「妊活スタート」「jineko」などです。

 

こういった不妊専門情報誌に掲載されましたと、

HPで謳ってはいますが、

実は不妊鍼灸で実績があるということで取材された訳ではなく、

その雑誌の広告企画会社にお金を払って「広告」しているだけなのです。

 

現に私のところにも年に数回は、

そういった広告代理店から不妊専門情報誌に、

取材といった形の広告を出しませんかと案内が送付されてきます。

 

その広告費は15円以上もします。

高い広告費を払っても採算がとれるということなのでしょう。

 

ですから、不妊専門情報誌で紹介されている鍼灸院は、

必ずしも鍼灸の実力が高いという訳ではありませんので、

注意してください。

 

 

④ 施術者の臨床経験は豊富か

 

臨床経験の浅い鍼灸師は、

人の身体を整えて妊娠に導く技術力は弱い可能性が高いです。

 

鍼灸学校を卒業しても、

人の身体を治すことができないのは、

鍼灸師なら誰もが知っていることです。

 

ほとんどの鍼灸師が、

学校は国家試験に合格して免許をとるためと認識しています。

 

学校を卒業して免許をとってからが、

鍼灸師としての本当の勉強です。

 

例外的に鍼灸学校の学生時代から、

学術団体に所属して研修していたり、

もしくは東洋医学的な鍼灸をする師匠についてる方もいらっしゃいますし、

 誰にでも免許取り立ての頃があります。

 

当然、私にもありましたし、

若い鍼灸師の方でも頑張っている方もいらっしゃいます。

 

ですが、不妊で悩んでいらっしゃる方には時間がありません。

 

鍼灸学校を卒業して、

せめて5年以上の学術団体での研修、

もしくは東洋医学的な鍼灸をする師匠についてから、

不妊治療に取り組んでもらいたいものです。

 

まずはホームページの施術者の経歴を確認してください。

 

経歴の浅い鍼灸師は不利になる情報ですので、

敢えて記載していないことが多いです。

その場合は電話やメールで訊ねてみると良いでしょう。

 

 

⑤ 学術団体に所属しているか

 

自身で勉強している。

自院でスタッフに対して勉強会を開いているといっても、

ひとりよがりになりますし、限界があります。

 

学会などで古典や新しい学術を身に付けたり、

日々の臨床などの治験を発表して、

他の鍼灸師の意見や治療法を聞いたりすることで、

臨床力も上がっていきます。

 

学術団体に所属しているということは、

身体を整えて妊娠に導くことができる

実力のある鍼灸師である可能性が高いでしょう。

 

 

⑥ 個室などプライバシーの配慮がなされているか

 

整骨院も併設されている鍼灸整骨院などでは、

整骨院の患者も来院されています。

 

カーテン越しに他の患者さんが寝ているところで、

不妊に関することを相談できるでしょうか?

 

ホームページなどで確認しましょう。

 

 

⑦ 鍼灸以外の整体などのメニューがある

 

東洋医学は基本的には、

「鍼灸」と「漢方薬」と「養生」です。

 

「鍼灸」が不妊に効果があるという根拠は、

世界中で示されていますが、

「整体」が不妊に効果あるという根拠はありません。

 

整体やストレッチなどのメニューをたくさん作っては、

単価を上げようとしているようです。

 

また、鍼灸の知識・技術そのものに自信が無い、

というのもあるのではないでしょうか。

 

 

⑧ 東洋医学的な鍼灸であるか

 

鍼灸と言っても大きく2種類あります。

 

東洋医学的な考えを基にした鍼灸

西洋医学的な考えを基にした鍼灸です。

 

東洋医学的な考えを基にした鍼灸とは、

身体全体のバランスを整えて、

生命力や治癒力を上げる鍼灸です。

 

西洋医学的な考えを基にした鍼灸とは、

刺激鍼(しげきばり)や特効穴治療のことで、

身体のバランスを整えるという発想で鍼灸をしません。

 

これは対症療法という言い方もできます。

 

対症療法とは根本的な病気の原因に対する治療ができない場合に

とりあえず患者の症状に対応して処置するということです。

 

私たち東洋医学的な鍼灸師も、

対処療法的な鍼灸も必ずおこないます。

 

今ある症状に対しておこなう鍼灸と

根本的な原因にアプローチをする鍼灸を併用しておこなうのです。

 

こうすることで今ある痛みなどの症状に対応しながら、

そもそもそういった症状が出ない身体にしていくのです。

 

ですから対処療法的な鍼灸を否定するわけではありません。

 

ですが、この考え方の鍼灸だけだと、

根本的な原因は先送りにしてしまうことと、

いすれ効果が見込めなくなるという問題が生じます。

 

対症療法や刺激療法というのは、

続けていると身体が反応しなくなってくるからです。

 

そうすると、もっと強い刺激でないと反応しなくなり、

それでも反応しなくなれば、

もっともっと強い刺激と際限がありません。

 

そのうち過剰な刺激によって、

身体の状態の方が悪くなるでしょう。

 

例えば不妊治療の現場でも、

採卵で刺激療法を続けておこなっていると、

卵巣が疲れて機能が低下して、

徐々に採卵の数が減ったり質が悪くなるという、

経験をされたことがある方は多いと思います。

 

もう一つ例を挙げると、

毎回の生理痛を痛み止めで対処しているとしましょう。

 

その時、痛みは軽減され、

快適に過ごすことができるかもしれませんが、

そもそも、なぜ生理痛が起こるのか?

その原因にはアプローチせず、

根本的な問題は先送りすることになります。

 

いずれその問題はもっと大きくなり、

子宮内膜症や子宮筋腫、卵巣嚢腫といった、

取り返しのつかない状態になってしまうかもしれません。

 

ですから、東洋医学的な考えを基にした鍼灸で身体のバランスを整えて、

本来持っている生命力(妊娠力)を高めるという発想が大切なのです。

 

その上で対症療法もおこなうことで、

より効果が高まり、

妊娠そしてお産という結果に繋がりやすくなるのです。

 

 

以上、「鍼灸師が教える不妊鍼灸院選びの7つのポイント」を挙げました。

 

このブログを見ても、

鍼灸師でない方に良い不妊鍼灸院を見極めるのは難しいかもしれません。

 

そこで、どうしても気になる鍼灸院があるので、

その鍼灸院が本当に良い不妊鍼灸院なのか見極めてほしい方。

 

同じ学会所属で不妊症に対応可能な鍼灸院を紹介してほしい方は、

 

下記の問い合わせフォームにて、

見極めてほしい鍼灸院などのHPアドレスや

お住まいになる地域をご記載の上

お問い合わせください。

 

こちらで見極めた上でご返信いたします。

 

お問い合わせフォーム

 

2 / 11012345...102030...最後 »


back to top