new post | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院 月別アーカイブ | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院
カテゴリー | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院
  • トップページ | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院
  • 院長ブログ | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院
  • 不妊鍼灸施術について | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院
  • 三ツ川鍼灸院のこだわり | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院
  • 施術の流れ | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院
  • 不妊鍼灸Q&A
  • 妊娠報告(患者様の声) | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院
  • その他のお悩みについて | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院
  • 院長の健康コラム | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院
  • 妊娠するためのやさしい気功教室 | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院
  • あきゅも・手あての会 | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院
TOPページ > 院長ブログ

院長ブログ | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院



2010年5月16日

看護職員 切迫流産3割

看護職員:切迫流産3割…過酷な労働環境 医労連調査

 病院や診療所などで働く看護職員の約7割が慢性疲労を訴え、鎮痛剤や睡眠剤など何らかの薬を常用している割合は約6割に上り、妊娠者のうち3人に1人は流産の前兆である切迫流産を経験していたことが日本医療労働組合連合会(医労連)の調査で分かった。医労連は「慢性的な人手不足による過重労働が原因とみられる。不当なサービス残業も横行しており、法令順守を関係機関に徹底させたい」としている。

 09年11月~10年1月に看護師、准看護師、保健師、助産師の4職種を対象にアンケートを実施、約2万7000人から回答を得た。「疲れが翌日に残る」など慢性疲労の症状を訴える人は73.5%に達し、20年前の調査から7ポイント増加した。

 疲れやストレスなどから薬を常用する割合は、多い順に鎮痛剤(29%)、ビタミン剤(19%)、胃腸薬(17.6%)など。睡眠剤(6.9%)や安定剤(4.3%)の常用者もいた。「常用してない」は40.5%にとどまった。

 また、06年4月以降に妊娠した約3500人のうち34.3%が切迫流産を経験しており、20年前より10ポイント増。07年に全国労働組合総連合が一般事務職員を対象に行った調査時の17.1%を大きく上回った。逆に「順調」との回答は8ポイント減って22.4%だった。

 仕事を辞めたいと「いつも思う」は21.7%、「ときどき思う」も57.6%に上った。【佐々木洋】

(毎日新聞 2010年4月26日)


先日このような記事がありました。

医療従事者の重労働が伺えます。

それと、やはり女性は過度な労働には向いていないのではないでしょうか。

当然、男性においても

身体に影響の出るような過酷な労働はいけないでしょう。


男女平等の社会を叫ばれていますが、

女性と男性では身体のつくりが違います。

やはり家庭で女性らしく過ごすことが

本来の姿なのかなと思います。



また、医療関係者の場合は薬を常用する傾向がある為

疲れやストレスの根本原因を改善すること無く、

安易に薬で対処している実態がこの記事からわかります。

それでは3分の1の方が切迫流産を経験したというのもうなずけます。


労働条件の改善も必要不可欠であるのは言うまでもありませんが、

薬を常用するのでは無く、

生活改善にも目を向けて女性の身体、

ご自身の身体を大切にする。

本来女性が持っている力を健やかに育む。

そういう意識が大事ではないかと思います。

2010年5月7日

関宿~亀山宿

2日目は関宿から亀山宿へ

太岡寺町辺りの名阪国道の高架下の壁には、東海道五十三次の絵が展示されていた。桑名、四日市。石薬師、庄野、亀山、関、坂ノ下と7つの宿が展示されています。その後も真直ぐな道が続き、右に鈴鹿川を見ながらすすみます。
関宿~亀山宿 | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院石薬師宿 歌川広重の代表作である「保永堂版東海道五十三次」


 



関宿~亀山宿 | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院大岡寺畷 畷とは真直ぐの道という意味。大岡寺畷は、千九百四十六間(約3.5km)にわたる東海道一の長い畷です。

 



関宿~亀山宿 | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院神辺小学校 きれいな校舎で東海道を意識したデザインになっています。

 




関宿~亀山宿 | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院鈴鹿川






歩道橋を渡って、JR関西本線と国道1号線を超える。歩道橋から気になるレストラン、オスカーが見える。この裏手に参宮常夜燈があった。その先は坂道になり右手に先に布気皇舘太神社(ふけこうたつだいじんじゃ)、後ろに行けば大岡寺畷と書かれた道標がある。坂を上っていくと道標どおり布気皇舘太神社に着いた。ここのベンチで一息ついた。

関宿~亀山宿 | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院レストランオスカー





関宿~亀山宿 | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院道標





関宿~亀山宿 | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院布気皇舘太神社(ふけこうたつだいじんじゃ)





坂を上りどんつきを左へ行く。右手に野尻ののどかな田園風景が見えてきた。この先に野村の一里塚がある。燕が忙しく飛び交う町並みをすすむ。

関宿~亀山宿 | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院田園が広がる





関宿~亀山宿 | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院野村一里塚 慶長9年(1604)2月、徳川秀忠の命を受けて当時の亀山城主関一政が築いた。椋(むく)の木を植えているの一里塚は珍しく国の史跡に指定されている。


 




関宿~亀山宿 | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院燕の巣があちこちにある。
真中に燕が二匹。




関宿~亀山宿 | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院京口門跡 亀山宿の西端にあった。急な坂道から見上げた姿が壮麗にみえたことから「亀山にすぎたるものふたつあり伊勢屋ソテツに京口御門」と歌われた。歌川広重の「東海道五十三次 亀山 雪晴」の舞台になった。

 


関宿~亀山宿 | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院「東海道五十三次 亀山 雪晴」





亀山宿を見て回る。京口門跡から旧舘(たち)家住宅へ、旧舘家住宅には亀山宿の案内人の方がいらっしゃり、丁寧に亀山宿を説明してくれました。パンフレットも色々なものをくれるので、立ち寄るといいと思います。

関宿~亀山宿 | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院旧舘(たち)家住宅
明治期から亀山西町において地主・呉服商を営んでいた。平成17年に亀山市に寄贈され、現在は教育委員会が管理をおこなっている。

 


関宿~亀山宿 | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院旧舘(たち)家住宅内部 主屋内各座敷 床・棚・書院・畳廊下などを備えた整った座敷構えとなっている。

 

 


関宿~亀山宿 | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院加藤家屋敷跡 加藤家は江戸後期の亀山城主石川家の家老職でした。市の文化財に指定されている。

 



関宿~亀山宿 | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院お城見庭園 亀山西町問屋場跡付近から亀山城多門櫓を望むビューポイントに、地域の皆さんとのワークショップによって完成したミニ庭園。




関宿~亀山宿 | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院遍照寺





関宿~亀山宿 | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院でころぼ坂 万町から津方面へ抜ける道で、いつのころからか”でころぼ坂”と呼ばれるようになりました。一説には「デクノボウ」が訛ったものと言われています。



関宿~亀山宿 | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院亀山西小学校





関宿~亀山宿 | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院亀山城多門櫓(かめやまじょうたもんやぐら)


 



関宿~亀山宿 | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院石井兄弟敵討碑 石井兄弟敵討跡  亀山城内石坂は、元禄14年(1701)5月9日早朝に、石井源蔵(33歳)半蔵(30歳)の兄弟が、28年目に父石井宇右ヱ門の敵、赤堀水之助(源五右ヱ門)を討ち取ったところである。この敵討は、「元禄曽我兄弟」と称されて、歌舞伎・講談・絵本・浮世絵などに取り上げられ、日本中で称賛された。




関宿~亀山宿 | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院亀とん食堂 味噌焼きホルモンのお店。最近はやりのB級グルメで亀山といえばこれだそうです。八丁味噌ベースの甘い味噌ダレとラードで野菜とホルモン・肉を煮詰めていく料理。

 


関宿~亀山宿 | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院味噌焼きホルモン 私は豚のホルモンとトンテキとミノを頼みました。最後のしめにうどんを一玉入れて食します。豚のホルモンが美味しく次回からは注文はこれだけでいいと思いました。あとチューハイはバカでかいです。

 

 

 

三ツ川

 

未妊鍼灸施術のお問い合わせは→こちら

2010年5月4日

街道歩き

時間が無くてなかなか行くことができなかった街道歩きを

このゴールデンウイークを利用して行ってきました。

天気は晴れて歩くには最高の日よりでした。


住道駅から草津駅。草津線に乗り換えて貴生川駅まで

貴生川駅からあいくるバスに乗り換え田村神社前まで・・・


スタートは前回の続きである「道の駅あいの土山」の

国道向かいにある田村神社からです。

街道歩き | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院
田村神社は平安時代に蝦夷を征伐し鈴鹿峠の旅人を苦しめたという鬼を討伐した征夷大将軍の坂上田村麻呂公を主祭神としています。


街道歩き | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院
田村神社にて。

街道歩き | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院
田村神社の右へ行くと海道橋がありそれを渡る。

しばらく行くと蟹坂古戦場跡がある。案内板によると戦国時代に伊勢の北畠軍と山中城主の山中秀国軍が戦った戦場。

街道歩き | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院
蟹坂古戦場跡

国道と合流する左に神社があり2つの祠があります。大きい方の祠を「田村社」、小さい方の祠を「蟹社」と呼ぶそうで「田村社」は坂上田村麻呂を祀り、「蟹社」は退治された山賊を祀っているそうです。

街道歩き | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院
江の島神社。2つの祠がある。

さらに国道沿いを歩いて行くと巨木があり若宮神社左にみて進みます
街道歩き | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院

街道歩き | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院


その後国道沿いをひたすら進みます。歩道を歩いているのですが、国道を走る車は結構なスピードで後ろから大きなトラックが走ると少し恐いです。遠くに第二名神高速道路を見て進み、山中一里塚公園があります。「坂は照る照る鈴鹿は曇るあいの土山雨が降る」と彫られた「鈴鹿馬子唄碑」があります。この唄を口ずさみつつ歩きます。「坂は照る照る 鈴鹿は曇る あいの土山雨が降る」本日の天気は照る照るで気持ち良く歩きました。
街道歩き | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院
山中一里塚公園

街道歩き | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院見上げると高い第二名神の橋げた恐いのではや足でとおる。














国道を進むと右手に廃墟となった「山賊茶屋」
街道歩き | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院
山賊茶屋


国道がトンネルに入る手前で国道下の小さなトンネルを抜けて国道の右側に出るその先を行くとトンネルの上に「万人講常夜灯」があった。国道沿いにあるとばかり思っていたので、どこにあるんだろうと考えていたが、今は鈴鹿トンネルの上に移設されていた。ここにはトイレもありリュックを降ろし一息つくことにした。

 【土山町教育委員会 案内板】
 「万人講常夜燈  万人講常夜燈は、江戸時代に金毘羅参りの講中が道中の安全を祈願して建立したものである。重さ三十八t、高さ五m四十四cmの自然石の常夜灯で、地元山中村をはじめ、坂下宿や甲賀谷の人々の奉仕によって出来上がったと伝えられている。もともとは東海道沿いに立っていたが、鈴鹿トンネルの工事のために現在の位置に移設された。東海道の難所であった鈴鹿峠に立つ常夜灯は、近江国側の目印として旅人たちの心を慰めたことであろう。」
街道歩き | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院
万人講常夜灯

道はアスファルトでは無くなり、いよいよ鈴鹿峠へ・・・
この場所が恐くてなかなか来れなかったので恐る恐る進む。
すぐにきれいな茶畑ががあり何かの賞を取ったと書いてあった。
街道歩き | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院


近江の国と伊勢の国の境界であることしめす道標がある。
街道歩き | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院


杉林へと入っていきます。
街道歩き | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院


峠の頂上付近の山道を右へ入ると「鏡岩」に至る。
高いところは苦手なので恐る恐る近づき景色を撮影。
むかし峠に住む盗賊が街道を通る旅人の姿をこの岩に映して危害を加えたという伝説から俗称「鬼の姿見」ともいうそうです。

街道歩き | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院


街道歩き | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院

来た道っを戻り再び東海道へ・・・
峠はあとは下るだけ。
下っていくと馬の水のみ鉢と芭蕉の句碑がある。
芭蕉の句碑には「ほっしんの 初にこゆる 鈴鹿山」とある。


詳しくは→こちら

街道歩き | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院
馬の水のみ鉢

街道歩き | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院
芭蕉句碑

国道の下の階段を抜けてさらに下ると片山神社に出てくる。
街道歩き | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院
片山神社

国道に合流したところを左に行くのであるが、右に行き昼食を摂る予定のバーベキュー鈴鹿に、外では何組みかの家族がバーベキューを楽しんでいました。お勧めはウナギであるとのことで、うな丼と魚定食を注文した。ウナギは肉厚で食べすすめていくと尻尾の部分が間にひいてありボリュームがあって美味しかったです。魚定食にはマスの塩焼きとあらいとフライがついておりこちらもお得で美味しかった。あと鹿刺しも美味しかったです。
街道歩き | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院
街道歩き | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院

街道歩き | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院
街道歩き | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院


昼食を終え再び東海道へ国道沿いに下って行き「坂下宿」に入った。
街道歩き | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院
小竹屋脇本陣跡 馬子唄でも「坂の下では大竹小竹 宿がとりたや小竹屋に」と唄われている。

鈴鹿峠自然の家横には各宿場の名が刻まれた木製の標柱が立っている。
街道歩き | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院


鈴鹿川を右に見てすすむ川のせせらぎが聞こえて気持ちがいい。
あとで分かったことだが、鈴鹿川は「万葉集」にも歌われていて、河が浅く幾重にも蛇行する様が「八十瀬(やそせ)」という枕詞になったとのことです。ですのでせせらぎも心地良いのかもしれません。

原文: 鈴鹿河 八十瀬渡而 誰故加 夜越尓将越 妻毛不在君

作者: 不明

よみ: 鈴鹿川、八十瀬(やそせ)渡りて、誰がゆゑか、夜(よ)越えに越えむ、妻もあらなくに

意味: 鈴鹿川のいくつもの瀬を渡って、誰のために夜に越えてなど行くものでしょうか、妻もいないのに。。。

筆捨山が見える場所までくると少し国道を少し迂回するように進む。その角の民家近くで筆捨山の写真を撮ろうとすると民家の犬が激しく吠えた。誰かの東海道HPでも同じように犬に吠えられたと書いてあった。おそらく同じ犬だと思う。皆がここで筆捨山を撮ろうとする度に吠えているようです。

街道歩き | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院
筆捨山 狩野元信という絵師がこの山を描こうとしたが、山の姿の変化が激しくて描くことができず筆を捨てたので、この名になった。

この辺りから少し右の股関節は痛みだした。運動不足で少し体重が増えたのが災いした。

市瀬辺りは少し国道からはずれたり、鈴鹿川を渡ったりしながら下っていく。
この辺り信号の際の左手に「転石」があるとガイドブックにはあるが、見当たらずにコンビニが見えたのでそこで休憩した。休憩を終えてしばらく歩くと「関宿」に入った。「西追分」があり、休憩所がある。関宿の西の入り口にあたり、東海道と大和・伊賀道の分岐点になります。大和街道は加太(かぶと)越道と呼ばれ、加太、柘植、佐那具、上野と進み、島ヶ原から大和へ抜ける道です。かって壬申の乱(672)の時、大海人皇子も通ったといわれている古い道です。

街道歩き | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院
関宿 西追分・休憩施設

関宿は昔の町並みをよく残している宿です。

街道歩き | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院
関宿の町並み

街道歩き | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院
地蔵院

街道歩き | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院高札場跡






街道歩き | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院百六里庭 関宿が江戸から百六里余りにあることから名前がついた。






街道歩き | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院眺関亭 関宿の家並が一望できる。






街道歩き | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院山車倉(だしぐら) 
「そこまでが精いっぱい」という意味で使われる「関の山」という言葉の語源にもなった関宿の「山車」。今でも残る4台の山車は夏祭りの2日間曳くそうです





街道歩き | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院百五銀行
銀行も町並みに合わせたデザインになっている。




街道歩き | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院関宿・東追分・常夜灯
関宿の東の入り口になる。東海道と伊勢別街道の分岐点。伊勢街道の方に向くと大きな鳥居がある。20年に一度の伊勢神宮式年遷宮の際に内宮宇治橋南詰の鳥居が移されてくる。

この日の行程は関宿の東追分までとした。

 

 

三ツ川

 

未妊鍼灸施術のお問い合わせは→こちら



back to top