new post | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院 月別アーカイブ | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院
カテゴリー | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院
  • トップページ | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院
  • 院長ブログ | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院
  • 不妊鍼灸施術について | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院
  • 三ツ川鍼灸院のこだわり | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院
  • 施術の流れ | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院
  • 不妊鍼灸Q&A
  • 妊娠報告(患者様の声) | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院
  • その他のお悩みについて | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院
  • 院長の健康コラム | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院
  • 妊娠するためのやさしい気功教室 | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院
  • あきゅも・手あての会 | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院
TOPページ > 院長ブログ

院長ブログ | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院



2017年12月30日

年末年始 営業のお知らせ 12月30日(土)~1月4日(木)まで休診いたします。

12月30日(土)~1月4日(木)まで休診いたします。

5日(金)から通常通り診療いたしますので、よろしくお願いいたします。

2017年12月22日

排卵検査薬の使い方

自然妊娠を望まれる方、

もしくは、まだお若くて、

人工授精や体外受精まではまだと、

お考えの方におすすめしている本があります。

 

妊娠カウンセリング こまえクリニック院長放生勲著」です。

 

排卵検査薬の使い方 | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院

 

この本は自然妊娠を望む方には、

すごく参考になる本です。

 

特に基礎体温を1週間測ればOKということが書かれています。

 

基礎体温を測ることがストレスになっている方は以外に多く、

またストレスになっていることに気が付いていない方さえいらっしゃいます。

 

こういった方は、毎朝の基礎体温の計測を止めて、

すごく楽になったとおっしゃいます。

 

私もこういったストレスが、

妊娠を遠ざけているケースを

たくさん見てきています。

 

基礎体温をつけることがストレスになっていないか、

お聞きするようにしています。

 

また、この本の中では、

惜しまずに排卵検査薬を使用して、

排卵をより立体的にとらえることが大切だと書かれています。

 

排卵検査薬は日本製のものは値段が高く、

惜しま使うことができませんので、

インターネットでアメリカ製のものを購入すると良いと思います。

 

アメリカ製の排卵検査薬のネット通販サイトは→こちら

 

排卵検査薬の使い方は上記のサイトにも

掲載されていますので、

参考にしてください。

 

このアメリカ製の排卵検査薬では、

朝一の尿を避け、毎日同じ時間帯に測定します。

 

確実な結果を得るため、

測定の2時間前から大量の水補給を控えます。

検査開始日から排卵予知が出るまで1日1回測定します。

 

生理周期が大体28日の方は、

生理が始まって11日目から排卵検査薬を毎日使用します。

 

生理周期が29日の方は、

12日目からというように使用し始めます。

 

そしてこの本にあるように、

排卵検査薬を惜しまずに7日間使用して、

どこで排卵しているのかを立体的に把握します。

 

陽性反応が出始め、排卵が近づいてくるようでしたら、

 10~12時間間隔で1日2回測定することによって、

より確実に排卵時刻を得ることができます。

 

陽性反応日、その翌日、翌々日が最も妊娠しやすいタイミングです。

 

妊娠の確率を高めるには、

この3日間にタイミングを2回とることをおススメします。

 

 

 

2017年12月5日

京都から来院され妊娠された方

当院で妊娠された方からのご紹介で、

京都から来院されていた方が妊娠されました。

 

初診ではお母様と一緒に来院され、

色々お話しを聞いていましたが、

お母様とご一緒では、

ご本人の口からどうされたいのかが伝わってこなかったのですが、

お一人で来院され、お話しをお聞きすると、

赤ちゃんへの思いは強く、

身体づくりでできることをやってみたいとのことでした。

 

結婚され6年以上になるが妊娠に至らず。

2015年から京都の不妊専門クリニックで不妊治療を開始された。

2016年には顕微授精を2回するも妊娠に至らず。

 

2017年の3月にはクリニックを転院され、

体外受精をおこなうも陰性。

 

当院には7月に来院され、

身体づくりをしてから移植に臨みたいとのことでした。

 

初診でお話しをお聞きすると、

子宮内膜症で卵巣嚢腫にまで進んでいるとのこと。

東洋医学では瘀血や湿痰が原因と考えます。

 

そして、去年は赤ちゃんができないことや、

ご主人の仕事に対するストレスが最大になり、

不安から軽いうつ状態にもなったとのことでした。

 

ストレスから肝の疏泄作用が失調して、脾にも相克的に影響し、

病理産物である湿痰が形成され子宮内膜症の状態になったと考えました。

 

鍼灸の本治法としては、

肝と脾のバランスを整えるように治療しました。

 

そうしたところ、

不安定だった情緒が安定し、

生理前や生理時の症状が改善され、

バランスが整ってきたようでした。

 

そこで移植にGOサインを出し、

その周期の移植で見事に陽性判定。

 

今現在も妊娠継続していただいています。

 

今後は良いお産になるように、

引き続き鍼灸治療を継続していただけたらと思います。

 

遠方より来院された場合は、

どうしても、詰めて来院できない事情があることが多いです。

 

そういうケースの場合は、

漢方薬にプラスで自宅でできるお灸なども併用しながら、

効果を上げることができますので、

遠方の方もご相談ください。

 

 



back to top