new post | 不妊|鍼灸|大阪|卵子の質|鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院 月別アーカイブ | 不妊|鍼灸|大阪|卵子の質|鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院
カテゴリー | 不妊|鍼灸|大阪|卵子の質|鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院
  • トップページ | 不妊|鍼灸|大阪|卵子の質|鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院
  • 院長ブログ | 不妊|鍼灸|大阪|卵子の質|鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院
  • 不妊鍼灸施術について | 不妊|鍼灸|大阪|卵子の質|鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院
  • 三ツ川鍼灸院のこだわり | 不妊|鍼灸|大阪|卵子の質|鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院
  • 施術の流れ | 不妊|鍼灸|大阪|卵子の質|鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院
  • 不妊鍼灸Q&A
  • 妊娠報告(患者様の声) | 不妊|鍼灸|大阪|卵子の質|鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院
  • その他のお悩みについて | 不妊|鍼灸|大阪|卵子の質|鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院
  • 院長の健康コラム | 不妊|鍼灸|大阪|卵子の質|鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院
  • 妊娠するためのやさしい気功教室 | 不妊|鍼灸|大阪|卵子の質|鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院
  • あきゅも・手あての会 | 不妊|鍼灸|大阪|卵子の質|鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院
TOPページ > 院長ブログ > 黄体機能不全に対する「漢方薬」と「鍼灸」(1)

院長ブログ | 不妊|鍼灸|大阪|卵子の質|鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院



2016年6月23日

黄体機能不全に対する「漢方薬」と「鍼灸」(1)

黄体機能不全とは、

排卵から月経までの期間を黄体期(高温期)といい、

この時期に分泌される黄体ホルモンの量が少ない状態を

黄体機能不全といいます。

 

黄体ホルモンのおかげで女性の身体は基礎体温が高くなり、

子宮内膜も厚くなって妊娠しやすい身体になります。

 

しかし、黄体がうまく機能せずに黄体ホルモンの分泌量が

減少すると、女性の身体は正常な生理周期を生み出せずに、

子宮内膜に受精卵を着床するための準備もできなくなってしまいます。

 

黄体機能不全では、下記の基準値を参考にします。

  • ・黄体期の黄体ホルモン(プロゲステロン:P4)値が10mg/ml未満
  • ・高温期が短い(10日未満)
  • ・高温期と低温期の差があまりない(0.3℃未満)
  • ・高温期の途中で低温へ落ち込む
  • ・子宮内膜が薄い(8mm以下)

 

黄体機能不全の原因ははっきりしたことはわかっていませんが、

大きく3つの要因が考えられています。

 

① 脳にある脳下垂体という部位から分泌される

「卵胞刺激ホルモン(FSH)」と「黄体形成ホルモン(LH)」の

分泌量が低下することです。

これらホルモンの分泌量が減ると卵胞や黄体の発育が悪くなります。

 

② 黄体ホルモンに対する子宮内膜の感受性の悪さです。

黄体ホルモンが分泌されると子宮内膜は分厚くなるのが普通ですが、

子宮内膜の感受性が悪いと、黄体ホルモンが正常に分泌されていても、

正常に反応せず、分厚くならないのです。

 

③ 卵胞発育不全、高プロラクチン血症や多嚢胞性卵巣症候群などの疾患です。

これらがあるとホルモンの分泌が妨げられてしまうのです。

 

次回は東洋医学的には、

黄体機能不全をどう考えるのか?

漢方薬の処方と鍼灸について書きたいと思います。

 

 



back to top