new post | 不妊|鍼灸|大阪|卵子の質|鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院 月別アーカイブ | 不妊|鍼灸|大阪|卵子の質|鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院
カテゴリー | 不妊|鍼灸|大阪|卵子の質|鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院
  • トップページ | 不妊|鍼灸|大阪|卵子の質|鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院
  • 院長ブログ | 不妊|鍼灸|大阪|卵子の質|鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院
  • 不妊鍼灸施術について | 不妊|鍼灸|大阪|卵子の質|鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院
  • 三ツ川鍼灸院のこだわり | 不妊|鍼灸|大阪|卵子の質|鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院
  • 施術の流れ | 不妊|鍼灸|大阪|卵子の質|鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院
  • 不妊鍼灸Q&A
  • 妊娠報告(患者様の声) | 不妊|鍼灸|大阪|卵子の質|鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院
  • その他のお悩みについて | 不妊|鍼灸|大阪|卵子の質|鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院
  • 院長の健康コラム | 不妊|鍼灸|大阪|卵子の質|鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院
  • 妊娠するためのやさしい気功教室 | 不妊|鍼灸|大阪|卵子の質|鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院
  • あきゅも・手あての会 | 不妊|鍼灸|大阪|卵子の質|鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院
TOPページ > 院長ブログ

院長ブログ | 不妊|鍼灸|大阪|卵子の質|鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院



2010年2月10日

すべての命には意味がある

未妊治療をしていて、

嬉しい報告を聞くことがありますが、

時に悲しい報告を聞くこともあります。



当院で身体づくりをして、

妊娠にいたられた方の中でも

流産や死産にいたることもあるからです。

医学的にもすべての妊娠のうち8~15パーセントが

流産になるといわれています。



妊娠の喜びもつかの間に流産という結果。

その方はどれほど辛い思いをしたでしょう。

私はその報告を聞いて

かける言葉が思い浮かびませんでした。


そして、以前に読んだ池川明先生の著書

「ママ、さようなら。ありがとう」を読み返してみました。



この本では、「すべての命には意味がある。」

自分の命をかけてお母さんにメッセージを伝えにやってくる。

そういった赤ちゃんとの絆の中での経験をとおして

悲しみを前向きにとらえていくことができた

お母さんたちの体験が載せられています。



この本は、小さな命を失い悲しい思いをされている

お母さんの励ましとなってくれるはずです。

 

三ツ川

 

未妊鍼灸施術のお問い合わせは→こちら

2010年2月8日

鍋田川のゴミの調査

昨日は昼過ぎから

青年会議所のまちづくり委員会のメンバーと

鍋田川のゴミの調査をしました。

メンバーは委員長の大西君、森川君、村上君、樋本君と私でした。



鍋田川は大阪産業大学のすぐ横を走り、

阪奈教習所の横、野崎病院の裏を流れて、

寝屋川と合流する川です。



今回この鍋田川を長靴を履いて

川の中を上流から下流まで歩いて、

どのようなゴミがあるのか

実際に入った川の状態(水位や汚泥などの状態)や

清掃活動が可能なのか川の中に入って調査しました。


鍋田川のゴミの調査 | 不妊|鍼灸|大阪|卵子の質|鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院
これは外環状線の下になりますが、ゴミが堆積して水の流れも少なく淀んでいました。



鍋田川のゴミの調査 | 不妊|鍼灸|大阪|卵子の質|鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院
ヘドロに足を取られるので、川底を確認しながら進みます。



鍋田川のゴミの調査 | 不妊|鍼灸|大阪|卵子の質|鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院
JR学研都市線の高架下付近です。小さな川が2つ合流する地点で汚泥やゴミの堆積も一番ひどい個所で、ここでは胴長を装着しての清掃となりそうです。


鍋田川のゴミの調査 | 不妊|鍼灸|大阪|卵子の質|鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院
土手にもゴミが大量に・・・
残念なことに橋の架かる近辺ほどゴミが多いです。



今回の調査で大体のゴミの量は知ることができました。

川の水位は一日での変動が大きく、

今回、長靴で上流から下流まで下れましたが、

水位の高い時には長靴での清掃活動は、

不可能なことが分かりました。



今後、この調査を元に

清掃活動の詳細な計画を立てていく予定です。

 

三ツ川

 

未妊鍼灸施術のお問い合わせは→こちら

2010年2月1日

読売新聞に「不妊退職」しないでという記事がありました。

当院に来院されている方でも

不妊治療と仕事を両立されている方が多くいらっしゃいます。

やはり仕事の合間を縫っての治療に苦しんでおられ

その事がさらなるストレスにもなり

身体への影響も少なからずあるのではと思います。



企業がこういったことに対して理解を深めて

不妊治療休暇制度や治療費の補助をおこなってくれれば

不妊治療との両立がすすみ

優秀な方の退職を防ぐことができるだと思います。

臨んでおられる赤ちゃんということにも繋がってくるのではと思います。



ただし、まだこのような取り組みをされている企業はごく一部で、

当院に通われている方からこのような支援を受けているとは、

聞いたことがありません。



中小企業での対応というのも限界があるでしょう。

やはり国として何らかの対策を立て、

不妊治療と仕事の両立を支援していかなくては

優秀な女性の働き手も減り、

社会の損失も大きいのではないでしょうか。


主な支援策
 ◆東京電力 社員と配偶者を対象に、人工授精、体外受精、顕微授精にかかった保険適用外の費用の8割について、150万円を上限に補助。最大200万円までの無利子融資。

 ◆日産自動車 1年度あたり最大12日間(うち5日間は有給)のファミリーサポート休暇(女性社員本人の治療に限る)。

 ◆パナソニック 30日以上、通算365日まで休業できるチャイルドプラン休業制度がある。

 ◆キヤノン 社員と配偶者に対し、人工授精、体外受精、顕微授精にかかった費用の半額を、100万円を上限に補助。24時間の電話相談を設置。

(2010年1月26日 読売新聞)

 

三ツ川

 

未妊鍼灸施術のお問い合わせは→こちら



back to top