new post | 不妊|鍼灸|大阪|卵子の質|鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院 月別アーカイブ | 不妊|鍼灸|大阪|卵子の質|鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院
カテゴリー | 不妊|鍼灸|大阪|卵子の質|鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院
  • トップページ | 不妊|鍼灸|大阪|卵子の質|鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院
  • 院長ブログ | 不妊|鍼灸|大阪|卵子の質|鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院
  • 不妊鍼灸施術について | 不妊|鍼灸|大阪|卵子の質|鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院
  • 三ツ川鍼灸院のこだわり | 不妊|鍼灸|大阪|卵子の質|鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院
  • 施術の流れ | 不妊|鍼灸|大阪|卵子の質|鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院
  • 不妊鍼灸Q&A
  • 妊娠報告(患者様の声) | 不妊|鍼灸|大阪|卵子の質|鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院
  • その他のお悩みについて | 不妊|鍼灸|大阪|卵子の質|鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院
  • 院長の健康コラム | 不妊|鍼灸|大阪|卵子の質|鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院
  • 妊娠するためのやさしい気功教室 | 不妊|鍼灸|大阪|卵子の質|鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院
  • あきゅも・手あての会 | 不妊|鍼灸|大阪|卵子の質|鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院
TOPページ > 院長ブログ

院長ブログ | 不妊|鍼灸|大阪|卵子の質|鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院



2010年6月30日

Wカップ

サッカー日本代表がW杯でPK戦の末、惜しくも勝利を逃した。

私も日本代表ユニフォームを着て応援しました。

そのおかげで今日は少し寝不足気味ですが、

元気をもらうことができました。

Wカップ | 不妊|鍼灸|大阪|卵子の質|鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院
           自宅で友人と観戦しました。

日本代表チームは一戦一戦成長して、

強くなっていったようでした。

サッカーは一人でやっているのではない。

試合にでている者だけでやっているのではなく、

控えの選手、監督やコーチも一緒に戦っていたのが、

印象的でした。

素晴らしいWカップで感動しました。

同じ日本人が世界の強豪国相手にこれだけ頑張った。

私たち日本人に元気をくれたように思います。

ありがとうございました。

 

三ツ川

 

未妊鍼灸施術のお問い合わせは→こちら

2010年6月28日

わんぱく社会見学

6月27日(日)(社)大東青年会議所の主催で、

わんぱく社会見学を開催しました。

場所は深北小学校でおこないました。

わんぱく社会見学 | 不妊|鍼灸|大阪|卵子の質|鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院
         開催にあたって挨拶する竹原理事長

消防署や警察など子ども達に人気の職業体験ができるとあって、

たくさんの子ども達が集まってくれました。

わんぱく社会見学 | 不妊|鍼灸|大阪|卵子の質|鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院
    レクレーションでカローリングも楽しむことができました。


昼食に私たちメンバーが作ったカレーを食べ、

その後はデザイナーの職業体験ということで、

デザイナーの方から手ほどきえを受けながら

手ぬぐいに水彩で好きな物の絵を描いていきました。

子ども達は色彩豊かな絵を描き、

子ども達の想像力や色彩感覚の素晴らしさに感心しました。

竹原理事長も達筆な字で手ぬぐいに書かれ

最後に大きな手で手形をつけていました。

今回つかった塗料は特殊なものを使っているとのことで、

手ぬぐいに描いた後、

アイロンをかけると塗料が落ちにくくなり、

洗っても絵が消えないとのことでした。

そんなこんなで蒸し暑い日でしたが、

懸念していた熱中症などの不調を訴える子ども無く、

無事に事業を終了することができました。

 

三ツ川

 

未妊鍼灸施術のお問い合わせは→こちら

2010年6月26日

梅雨の体調不良

雨ですね・・・

湿度が高いです。

湿度が高いと身体が重いですね。


東洋医学でいう「脾」が弱いタイプの人は、

気をつけなければなりません。

私たち経絡治療家が言う「脾虚証」というタイプの方です。


東洋医学には

「脾は燥を喜(この)み湿を悪(にく)む」

という言葉があります。

「脾」は体内にある余分な水分(内湿)や

雨天時や梅雨時期の湿気(外湿)嫌います。

また「内湿は外湿をよぶ」とも言われ、

内湿のある人は外湿のある時、

特に体調が悪くなるということです。

ですから、天候が悪化すると頭痛がある、

梅雨がくると胃腸が悪くなるという人は、

内湿がある為、外湿に刺激され、

より体調を崩していることになります。


鍼灸での治療は「脾」を充分に補ってあげることがポイントになります。

そして養生も大切です。

特に口養生が大事です。

食事を腹8分目にする。

過度の水分摂取を控える。

適度な運動をする。

半身浴などで適度な汗をかく。

甘いものを控える。

鍼灸治療と併用して、

以上のような養生を心がけることで、

「脾」が弱いタイプの方は

梅雨時期のみならず、

一年中健康を維持できると思います。

 

三ツ川

 

未妊鍼灸施術のお問い合わせは→こちら

2010年6月24日

漢方薬

先日、テレビのカンブリア宮殿という番組で

漢方薬を製造販売する会社ツムラが紹介されていた。


当院に通院され妊娠された方に、

「先生見ましたか?」と聞かれて、

録画していたのですが、

まだ見ていなかったので

昨日、さっそく見てみました。


西洋医学で治療を受けたが、

あまりよくなく、

漢方薬を処方すると劇的に良くなることがあるということで、

最近、病院でも漢方薬を処方するところが多くなっています。


漢方は中国で生まれた体系医学で、

鍼灸もそのひとつです。

その起源は2千年以上もさかのぼります。

そして、日本にも古くから伝わり、独自の発展をとげました。

漢方薬の処方や鍼灸、つまり東洋医学で特徴的なのは、

体全体をみるということです。

体全体のバランスを整えることで、

人が本来持っている自然治癒力や生命力を高めるものです。

ですから、病気の症状だけでなく、

一人ひとりの体質も診断しなければなりません。

この時に腹診や脉診、舌診といった

東洋医学独特の診断法などを駆使します。

そうして体の状態や体質をあらわす

「証(しょう、あかし)」を決めます。


このような考え方は、

西洋医学が臓器や組織に原因を求めていくのとは対照的です。

西洋医学では症状に対してお薬を出しますが、

東洋医学では「証」に基づいて漢方薬を出したり、

鍼灸治療をおこなったりしていきます。

ですから、東洋医学ではまだ症状が出ていない、

未病の状態でも証に基づき治療することができるのです。


ツムラでは内科医の先生方向けに東洋医学的な診断法を

身につけるセミナーを有料で開催しているそうです。

このような取り組みから、

西洋医学の多くの先生に

東洋医学の素晴らしさに気づき理解してもらうことは、

病気に苦しむ患者さんの為でもありますし、

私たち鍼灸師の為にもなるなぁと感じました。


それにしても、

当然のことですが、

私たち鍼灸師も内科医の先生方に負けないように日々研鑚し、

この素晴らしい東洋医学を

一人でも多くの人に喜んでもらいたいと思います。

 

三ツ川

 

未妊鍼灸施術のお問い合わせは→こちら

2010年6月22日

青山繁晴氏講演会

6月19日(土)に北河内地域合同例会を開催しました。

講師には青山繁晴氏をお迎えしての講演会でした。

青山氏は関西では、

スーパーニュースANCHOR(関西テレビ)の

水曜日にレギュラー出演されていてよく知られています。


講演会では「愛国心」をテーマにお話していただきました。

今の現状の日本では難しいテーマに思われがちですが、

実に明快にそして熱く語ってくださいました。


世界の国々では当たり前のように

国を愛し国を愛することを表現します。

しかし、今の日本ではその当たり前のことさえ

表現すると右だ左だと言われてしまいます。

青山氏は右でもなく左でもなく

真直ぐに真中から

私たち今を生きる日本人が国を愛し表現すればいいのではと

提案されています。

また、それにはまず過去の敗戦した

太平洋戦争について知ることが大事ではないかと

問題定義されています。


確かに私たちは戦争に対して知らない事が多いように感じました。

日本の戦争を一方向からの視点ではなくて、

色々な角度から深く知識を得理解していくこと。

これは私たち世代に課せられたものであると思います。


戦争で亡くなられた方達も戦争はしたくなかったと思います。

しかしこの国を守るため戦った。

そういう先人たちのお陰で今の私たちがあることを

忘れてはいけません。


最後に講演時間を延長して話してくださったことは、

白梅の塔の話しと硫黄島の話しでした。

講演会では必ず話すその内容は、

私たちが知らないでは済ますことのできないことでした。

先人たちの思いを

踏みつけにし続けた事実は拭いようもありません。

これからはその事を反省し、感謝して、

我われがこの国を素晴らしい国にすることで

先人の恩に報いることが、

今を生きる私たち日本人の責任であると感じました。


その後合同の懇親会では、

サッカー日本代表のオランダ戦を

皆で観戦しながらおこないました。

非常に盛り上がることができ、

北河内地域の6JCの親睦を図れたのではないかと思います。


懇親会でも青山先生ところには、

名刺交換したい者や質問者で列ができていました。

私も質問することができました。

青山繁晴氏講演会 | 不妊|鍼灸|大阪|卵子の質|鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院
            合同懇親会にて青山さんと私

青山さんは講演会後にご自身のメールアドレスを公開しており、

講演会後も質問はドシドシ受け付けるとのことです。

ただし、年間40万通のメールがあり、

返事は約4年後まで待ってくださいとのことでした。

しかし、急ぎの場合はその限りではないとのことで、

そういった点にも

青山さんの熱意と真剣さを感じました。

 

三ツ川

 

未妊鍼灸施術のお問い合わせは→こちら



back to top