new post | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院 月別アーカイブ | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院
カテゴリー | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院
  • トップページ | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院
  • 院長ブログ | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院
  • 不妊鍼灸施術について | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院
  • 三ツ川鍼灸院のこだわり | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院
  • 施術の流れ | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院
  • 不妊鍼灸Q&A
  • 妊娠報告(患者様の声) | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院
  • その他のお悩みについて | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院
  • 院長の健康コラム | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院
  • 妊娠するためのやさしい気功教室 | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院
  • あきゅも・手あての会 | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院
TOPページ > 院長ブログ

院長ブログ | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院



2008年2月13日

水の大切さ

命の源である食料はほとんどが水でできています。

例えば、キャベツ1つはおよそ80パーセントが水分です。
人間もおよそ65パーセントが水でできています。そして
体重の20パーセントの水分が失われると死んでしまいます。
そういう訳で、水は命の源であるといってよいと思います。

日本は高温多湿の気候風土で水が豊富にあり、
ありがたいことではあるのですが、日頃から水の大切さを
認識し実感しにくいようです。

先週新聞に出ていた。中国、アメリカ、日本そしてアフリカの
平均的な家庭(両親と小学生の子ども2人)の1日に使う水の量は
バケツにしてアフリカ2杯、中国4,5杯、アメリカ25杯、
日本28杯。。。

日本人はもっと水を大切に使わないといけないようですね。

日本人が一番無駄に使っている水がトイレの水だそうです。
小で流せるところを大で流したりしていないでしょうか。
ちょっと行き過ぎと私は思うのですが、ある家庭では朝の家族が
トイレに集中するときに一度に流すともったいないので、
皆の分を溜めてから流すそうです。

歯を磨いたり、顔を洗ったり、髪を洗ったりするときに
水を出しっぱなしにしていないでしょうか。
そういった細かいことに気を配り水を大切にしなければなりません。

これから水の問題は世界中で深刻な問題になっていくでしょう。
私たち日本人一人ひとりは率先して、気をつけて
自然と共生していけるよう水を大切にしていかなければならないと
思います。

実は、私たち鍼灸師も人間の中に流れる水を意識して鍼をうちます。
東洋医学では

「気」 「血」 「水」

の身体の変動を脉(みゃく)を見極め鍼をします。
このことが非常に大事なことなのです。
東洋医学の先人たちは昔から水の大切さを
認識していたのあもしれません。

三ツ川

 

未妊鍼灸施術のお問い合わせは→こちら

2008年2月7日

飛び込み出産

妊娠中に定期的な健診を受けず、産まれそうになってから
病院に駆け込む「飛び込み出産」をした未受診妊婦が、
全国の主な病院で昨年一年間に301人もいたそうです。

またその最大の原因が経済苦だそうです。

未受診の理由は

「経済的困難(費用負担ができない)」が
最も多く146人と49%を占め

「健診が不要と考えていた」妊婦も42人いた。

実際、98人(33%)の人が出産に伴う医療費を一部もしくは
全額払わなかった。また、107人(36%)は未婚だった。

政府は少子化対策は緊急な課題であると言っていますが、
不妊治療の補助にしても対応が遅いように思います。

妊婦健診や不妊治療の公費負担を増額し、これから子どもが欲しいと
考えている世代に未来に対する安心と希望に満ち溢れた社会を
提示してほしいものです。

三ツ川

 

未妊鍼灸施術のお問い合わせは→こちら

2008年1月10日

平均気温最大で4.7度上昇

環境省によると、今世紀末には、日本の平均気温が 最大で4.7度上昇するそうです。
人の健康にも被害が及ぶことが予想されていて、 熱中症になる人が増え、気温の上昇で花粉の発生量 が増え、アレルギー患者も増加し、マラリアを 媒介する蚊などの生息域が北上し、感染症なども 増えることが予想されています。
私たちは便利な生活を手にいれるためだけに 本当に大事なものを失っているようです。
自然の摂理を理解し、なるべくそのリズムに合わせて 生活をすることを見直すべきでしょう。
最先端の科学だけが環境の問題をクリアしてくれるとは 思いません。
便利で快適な生活をステップダウンすることも 1つの選択なのではないかと思いました。
これは今、不健康に悩まされている人にも言えると思います。
人間も自然の一部です。自然を感じその法則に則った生活 をすれば治癒力があがり健康体へと導いてくれます。
もっとこういったことに目を向ける時代になりそうです。

三ツ川

2008年1月9日

ノロウイルス

今年になってから、私のまわりで激しい下痢や
嘔吐などの症状がでたというのを、よく耳にします。

2006~07年の冬にも流行したノロウイルス感染症でしょうか。

ノロウイルスは感染者の便と嘔吐物に多く含まれていて、
人から人へと感染する場合と食品を介して感染する場合があります。
また一般的な食中毒とは逆に夏より冬に多く発生します。


[感染経路]

①接触感染
 感染者の嘔吐物や便を処理するときに、ウイルスを含んだ汚物が
 色んなところに付着します。それに触れ手を介して口へと入ります。

②飛沫感染
 嘔吐物や便から、ウイルスを含む飛沫が飛び散り、その飛沫が
 近くにいる人や処理する人の手に付着したり口に入ったりします。

③空気感染
 乾燥した嘔吐物や便からノロウイルスを含むほこりが舞い上がり
 人の口に入ります。

④手から食品へ
 ウイルスが付着した手で調理や配膳を行い、食品に感染しそれを口
 にして感染します。

⑤海水から二枚貝へ
 生、あるいは、加熱が不十分な二枚貝を食べて感染することがあります。


[症状]
 下痢、腹痛、吐き気、嘔吐。
 激しい嘔吐が突然起こります。下痢は水のような便がでます。
 
  抵抗力の弱い子どもやお年寄りは症状が長引きやすく、脱水も
 起こしやすいので注意が必要です。
 またお年寄りの場合、嘔吐物が気管に入り、誤嚥性肺炎を起こしたり
 のどに詰まって窒息することもあります。


[予防]
 基本の手洗いが大事です。
 「帰宅したとき」「食事の前」「調理や配膳の前」「排便後」
 「感染した人の世話をした後」「便や嘔吐物の処理をした後」
 などに手をよく洗います。


[手洗い]
 石けんをよく泡立て、指の間や爪の間そして手首なども丁寧に
 洗います。


日頃から体調管理に努め、健康な身体づくりをしていれば、
感染しても、ウイルスも逃げ出すことでしょう。

また定期的に鍼灸治療を受け身体のバランスを整え生命力を
あげておくことも予防につながると私は思っています。

三ツ川

2008年1月8日

濃霧

今日の朝、受付の榎本さんが時間になってもなかなか
来ないので、患者さんとまた電車が遅れてるんでしょうね。
と話していました。

最寄の駅の住道はJR学研都市線で、よく人身事故などで
ダイアが乱れて遅れます。

またかぁと思ってたのですが、

今日は濃霧でということでした。

7日の雨の後に放射冷却で空気が冷えて霧になるそうです。



back to top