new post | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院 月別アーカイブ | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院
カテゴリー | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院
  • トップページ | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院
  • 院長ブログ | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院
  • 不妊鍼灸施術について | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院
  • 三ツ川鍼灸院のこだわり | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院
  • 施術の流れ | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院
  • 不妊鍼灸Q&A
  • 妊娠報告(患者様の声) | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院
  • その他のお悩みについて | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院
  • 院長の健康コラム | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院
  • 妊娠するためのやさしい気功教室 | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院
  • あきゅも・手あての会 | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院
TOPページ > 院長ブログ

院長ブログ | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院



2016年11月7日

三好長慶武者行列まつりに参加しました

「大東三好長慶会」の会長にお誘いいただき、

徳島県三好市三野でおこなわれた「三好長慶武者行列まつり」に参加しました。

 

三好長慶武者行列まつりに参加しました | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院

三好長慶武者行列まつりに参加しました | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院

 

三好長慶公は、三好市の三野芝生城で生まれたと伝えられ、

京都を始め近畿地方のほとんどと阿波・讃岐を支配し、

室町幕府の実権を握って国を動かしていた。

 

そういう意味で織田信長に先駆けて天下人であったと

再評価されています。

 

また、戦国武将としての武勲はもちろん、高い政治判断力を持ち、

堺を中心とした物流経済を活性化させるとともに、

茶道や連歌を嗜み、宗教に対する理解も深く、

天文文化を開花させた文化人としても高く評価されています。

 

1564年、三好長慶公は、政権の将来を案じながら、

私の住む大東市にある飯盛城において43歳の若さで病没。

 

昨今、三好長慶公は歴史的にも再評価されており、

我が大東市でも盛り上がりをみせています。

 

私も商工会議所青年部として、

三好長慶公を商工につなげることはできないか模索しています。

 

2016年11月5日

本人も気づかない「オカルト妊娠」

100人の女性が夫婦生活を続けたとき、

そのうち84人が受精します。

 

ところが、7日後に受精卵が着床しているのは67人で、

受精卵のうち17個は着床前に死んでしまいます。

 

妊娠5週まで妊娠が続く人は38人で、

臨床検査で妊娠と診断できる6週まで妊娠が続く人は30人です。

 

受精した84人のうち6割位の受精卵は自然淘汰されます。

 

このように本人が知らないうちに終わる妊娠を「オカルト妊娠」と呼びます。

日の目を見ないで消えていく、隠れた妊娠という意味です。

 

なぜこのような「オカルト妊娠」が起こってしまうかというと、

卵子と精子の老化が原因と考えられています。

 

人間は排卵とは無関係に、時を選ばず性交します。

排卵日のかなり前に性交すると、

精子は排卵までに老化が進むので、

老化した精子が受精します。

 

また、排卵後、時間が経ってから性交すると、

精子は元気ですが、老化した卵子と受精することになります。

 

ですから、「オカルト妊娠」を少なくするには、

タイミング妊娠法で元気卵子と精子を出会わせることが重要になります。

 

不妊症を疑ったなら、まずはタイミング妊娠法を試してみるといいと思います。

 

 

2016年11月4日

プラスの食事学からマイナスの食事学へ

プラスの食事学とは、

高栄養・高カロリーの食事を

これにはこんな栄養素が含まれているから良いという考えで、

身体に詰め込む欧米型の食事学です。

 

一方、マイナスの食事学とは、

必要でないものを摂っていないかを考えて、

本当に必要なものだけ摂るという考え方の食事学です。

また、いらなくなった物を

身体からスムーズに出すことを考えて、

食事の内容を選択することでもあります。

 

妊活にとって身体に良いものとたくさん摂ろうとしがちですが、

そうではなくて、

マイナスの食事学で妊娠力を高めましょう。

2016年11月3日

体外受精で妊娠された38歳のNさんが妊娠20週になられました。

体外受精で妊娠された38歳のNさんが妊娠20週になられました。

 

Nさんは平成24年頃からタイミング法、人工授精と進められ、

平成25年からは体外受精へとステップアップ。

平成26年からは体調不良のため、

2年間不妊治療をお休みされていました。

 

今年の2月から治療を再開されたと同時に当院へも通院くださいました。

 

4月には移植を予定されていましたので、

まずはその移植に向けて身体を整えてもらいましたが、

結果は陰性でした。

 

6月末頃に再度移植を行うとのことで、

継続して鍼灸にも通ってくださいました。

そして、6月末に2段階での移植で陽性判定が出て、

11月現在、妊娠20週で順調に妊娠継続されています。

 

Nさんは東洋医学的な診立てでは腎虚という証です。

腎は東洋医学では、生殖に関わるとても重要な経絡です。

鍼灸でじっくり腎を補いその上で、

身体づくりを実践されました。

 

これからは、安定期に入られて、

食事と運動のバランスが大事になります。

良いお産を目指して、

予定日まで楽しく妊娠という状態を過ごしていただけたらなと思います。

2016年11月2日

腸の嫌がる食事は止めて妊娠力をUPしましょう

腸が嫌がる食事とは、

過食、間食、夜食の3つです。

 

少食は健康の元、過食は万病の元と言われています。

過食を控えるにはまず良く噛むことから始めましょう。

噛むことで満腹中枢が刺激され過食を抑えることができます。

食事を減らすという意識より、

まずは良く噛むということから始めると過食を抑えることができます。

 

間食は、まず習慣になっている方もいらっしゃいます。

まずは、おやつを買って自宅に置いておかないことでしょう。

 

夜食については、ご主人が帰ってこられるのが遅く、

帰宅の遅いご主人に合わせて、

夜の食事が遅いという方がいらっしゃいます。

ご主人と話し合って、

できるだけ先に夜の食事を摂るように工夫していただきたいものです。

また、夜遅くの食事は寝つきを悪くし、

質の良い睡眠の妨げになり、

自律神経が乱れるもとになったり、

卵子の質が悪くなることにも繋がります。

 

以上の点から、

過食、間食、夜食を止めて、

妊娠力を上げましょう。



back to top