new post | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院 月別アーカイブ | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院
カテゴリー | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院
  • トップページ | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院
  • 院長ブログ | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院
  • 不妊鍼灸施術について | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院
  • 三ツ川鍼灸院のこだわり | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院
  • 施術の流れ | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院
  • 不妊鍼灸Q&A
  • 妊娠報告(患者様の声) | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院
  • その他のお悩みについて | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院
  • 院長の健康コラム | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院
  • 妊娠するためのやさしい気功教室 | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院
  • あきゅも・手あての会 | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院
TOPページ > 院長ブログ

院長ブログ | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院


1 / 212

2008年7月28日

わんぱく避難所体験

7月26日(土)27日(日)と大東青年会議所で
わんぱく避難所体験を開催しました。

災害時の避難所を疑似体験してもらうことで、
子どもたちに普段の当たり前の生活が如何に大切な
ものなのか、どれほど有難いことなのかという
感謝の気持ちを培ってもらいたいという主旨で行いました。

体育館で開会式。坂口理事長の挨拶からはじまり、
竹原委員長の主旨説明、糸川副理事長の挨拶となりました。

さっそく、子ども達は午後3時から炎天下の中、煙道体験、
手作り担架で競争、伝言バケツリレー、スコップで掘り探すゲーム、
防災グッズ記憶力ゲームの5つのゲームを各15分ずつでチームで
まわっていくというものでした。

わんぱく避難所体験 | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院煙道体験では大東市消防本部の協力でグランドに専用のテントで煙道を作り、無害の煙で満たした中を順番に抜けてくるというものでした。




私は教育関係委員会のメンバーの生駒君、溝口君と
手作り担架で競争ゲームを担当しました。
このゲームはTシャツや毛布、竿、竹ぼうきなどの
日用品を利用して子ども達に担架を作ってもらい
土のうを乗せて設置したコーンを1週してくるというものです。
それだけでは少し時間が余るので、私たちがあらかじめ作っておいた
見本の担架に代表の子どもを誰か一人ジャンケンで決め、
実際に人を皆で運んでみました。
運ばれる子どもは大喜びしていました(*^_^*)

わんぱく避難所体験 | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院見本の担架を作っています。





イベントも終わり夕食の準備です。
夕食は非常食レトルト米と豚汁です。


わんぱく避難所体験 | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院非常食レトルト米です。     






わんぱく避難所体験 | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院レトルト米に指定されたラインまでお湯を入れました。
この後、ふたをしめて20分経つとできあがりです。



わんぱく避難所体験 | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院おいしくできあがりました。
子ども達で皆の分をよそっています。
私もいただきました。あずきが入っていてとても香ばしくおいしかったです。



わんぱく避難所体験 | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院豚汁です。
子ども達の中には、「おかわりください」と言う子もいましたが、今回は避難所ということで、おかわりなしで1杯だけした。語り部の東田さん曰く、実際の避難所ではこの半分だそうです。


食事の後は、阪神淡路大震災のビデオを上映しました。
暑い日ですし体育館の中は想像以上に暑く蒸しつきました。
子ども達の集中力もきれだしごそごそする子もチラホラ
私は気分が悪くなる子どもがいないか注意していました。

ビデオ上映に引き続き、阪神淡路大震災の語り部、
東田せつ子さんによる体験談が語られました。
子ども達も当時の緊迫した状況の話しに聞き入った様子でした。
子ども達による質疑応答があり終了しました。

わんぱく避難所体験 | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院阪神淡路大震災の語り部、東田せつ子さんです。





その後普段の生活では早いですが、午後9時消灯、就寝となりました。

ですが・・・

子ども達がおとなしく寝るわけがなく。

持ち物として持ってくるように言っていた懐中電灯を
真っ暗の体育館を一斉に照らし始めました。。。

私も体育館内の警備にあたっていましたので、
子ども達に早く寝るように言ってまわりました。

あるグループの子ども達は皆で恐い話しで盛り上がっていました。
近くで聞いてるとあまり恐くなかったので、
「おっちゃんが恐い話ししたろか」と言いますと、
「してして」ときましたので、そのかわり恐い話ししたら寝ぇや
と言って、ものすごく恐い話しをしてあげました。

その後、やっぱり寝てくれてませんでしたが、
少し静かになったなぁと思ってみたら、
奥の跳び箱にあぐらをかいて館内をにらむ大きな人が・・・
そんなこんなで私もいつのまにか疲れて眠っていました。

朝はパンとジュースで朝食を摂り、
防災知識を高めるクイズなどを行い終了しました。

この事業をとおして、子ども達に不自由な体験から
普段の生活のありがたみは感じてもらえたと思います。
竹原委員長の思いがたくさん詰まった事業はこうして終了しました。
わんぱく避難所体験 | 不妊|鍼灸|大阪|不妊の鍼灸治療は三ツ川レディース鍼灸院

 

 

 

 

三ツ川

 

未妊鍼灸施術のお問い合わせは→こちら

2008年7月25日

ベストマナー賞

大東市こども会ソフトボール選手権大会で、
大東青年会議所から子ども達にスポーツの楽しさを
通じてスポーツマンシップが示す言葉の意味を
理解してもらいその功績に対して、ベストマナー賞を贈っています。

その関係で大東市こども会育成連絡協議会の役員会で
9月の公開例会のPRを兼ねて、ベストマナー賞の
段取りの説明を行いました。

事前に福井会長とはお話しする機会があり、
役員会にお邪魔することができました。会議では
会長を始め役員の皆さんが熱心に会議されており、
私達青年会議所以外の団体さんも今の大東市を
もっと良くしようと頑張っておられるのだなと、
私達も負けてられないと感じました。

そして、9月の公開例会の講演会を
PRさせていただくことになりました。
9月の講演会まで、一人でも多くの人に講演を
聴いてもらえるように、もっともっとPRしていこうと考えています。

三ツ川

 

未妊鍼灸施術のお問い合わせは→こちら

2008年7月24日

岩手北部地震

今日、岩手で震度6強の地震がありました。

複数のけが人が出ているようです。

今年に入り中国四川、6月14日の宮城内陸地震と
続いて大きな地震が発生しています。

今週末の7月26(土)、27(日)と大東青年会議所の
事業として「わんぱく避難所体験」を実施します。

いつ発生するのか解からない大地震です。
もう一度、いざという時の備えを見直さなければと思いました。

三ツ川

 

未妊鍼灸施術のお問い合わせは→こちら

2008年7月23日

AED

先日、大東青年会議所の7月例会でAEDの講習がありました。

大東市消防本部の4Fで行われ、いつもと違い少し緊迫した
雰囲気の中講習を受けました。

※AEDとは自動体外式除細動(電器ショック)器のことです。
電源を入れると音声とディスプレイで手順を指示する機械です。

AEDは現在色々な場所への設置が進んでいます。
AEDはふたを開け電源を入れると音声とディスプレイに従えば
誰でも使うことができます。
しかし一次救命処置ができないと意味がないのだそうです。

私も以前に心肺蘇生法の研修を受けていますので
方法は知っていますが、現在までそういった場に
居合わせたことがありません。使わないと忘れてしまうものですね。
またその当時はAEDというものはありませんでした。
もう一度復習も兼ねて講習をよく聞いてきました。

倒れている人を発見したら

・人を呼ぶ(119番通報よAEDの手配を頼む) 
    ↓
・気道を確保して呼吸をみる 
    ↓         
・息をしているか?     
    ↓ していない   
・胸が上がる人工呼吸を2回 
    ↓         
・胸骨圧迫30回+人工呼吸2回を繰り返す 
(AEDを装着するまで、専門家に引き継ぐまで、
 または傷病者が動き始めるまで)
    ↓
・AED装着  AEDの電源を入れて音声ガイドの指示に従う



・気道を確保する
  傷病者を仰向けに寝かせ、片手で傷病者の額を押さえ、
  もう一方の手の指先を傷病者のあごの先端、骨の硬い部分
  に当ててもち上げる

・呼吸を確認する
  胸の動き(息をするたびに上がったり下がったり)を見ます
  姿勢を低くして顔を傷病者の顔に近づけ頬で息を感じます

・人工呼吸を2回行う(口対口人口呼吸法)
  気道を確保したまま、口を大きく開いて傷病者の口をおおって
  密着させ、ゆっくりと息を吹き込みます(鼻はつまんでおく)
  吹き込む量は傷病者の胸が上がるので見てわかる程度です
  約1秒かけて吹き込みます(2回行う) 
  吹き込む努力は2回までにする
  口と口が直接接触することに躊躇する場合などは人工呼吸を
  省略してすぐに胸骨圧迫にすすむ

・胸骨圧迫を行う
  圧迫の位置:胸の真ん中、乳頭と乳頭を結ぶ線
  圧迫の方法:一方の手のひらをあて、その手の上にもう一方の手を重ねる
        重ねた手の指を組む
        垂直に体重が加わるように両肘をまっすぐに伸ばし、
        肩が圧迫部位の真上になるような姿勢をとる
  圧迫の深さ:傷病者の胸が4~5cm沈み込む程度の圧迫を繰り返す
  圧迫の早さ:1分間に100回
  圧迫と人工呼吸の比:30・2
                               

脳が酸素なしで生きていられる時間はわずか3~4分です。
呼吸がなく、循環もない人をそのまま放置しておくと死に至ります。
ただ救急車を待つのではなく、救急車を待つ間に、
その場で一刻も早く心肺蘇生法を行うことが大事です。
居合わせたら勇気を持って手をさしのべましょう!!

三ツ川

 

未妊鍼灸施術のお問い合わせは→こちら

2008年7月15日

わんぱく避難所体験 説明会

12日(土)にわんぱく避難所体験説明会がありました。
これは同じ次世代開発室で青少年開発委員会の事業です。

災害時の避難所を疑似体験してもらうことで、子どもたちに普段の当たり前の生活が如何に大切なものなのか、どれほど有難いことなのかという感謝の気持ちを培ってもらうということが目的となっています。

委員長は竹原さんがやっています。
竹原さんは背が高く皆から「番長」と呼ばれ親しまれています。
私も隣の委員長として、去年の8月から色々と話しをすることが多く
仲良くさせていただいています。

7月の26日(土)、27日(日)と事業が行われます。
私も隣の委員会として役割もありますので説明会を聞いていました。

まず担当の糸川副理事長より、大東青年会議所がどのような団体で
あるかの説明があり、なぜこのような事業を行うかの説明がありました。

そして竹原委員長より具体的に当日の実施要綱が説明されました。

そして質疑にはいりました。

質問では「着替えを持っていったほうがよいのか」だとか
「スポーツ飲料水を500mlと書いてるが、それ以上持ってきてもよいか」だとか
「夜の警備面、学校に誰か侵入してこないか」
など、やはり子どもさんの安全面、健康面に対しての質問が多かったようです。

竹原委員長の思いは、「子ども達に避難所体験から普段の生活が
どれだけありがたい事なのかを実感してもらいたい」です。

なのであまり子どもさん達が快適に過ごせるようではこの事業の意味も
無いように思いますし、かといって子ども達が熱中症になるようでは
いけません。その辺が難しいように思われました。

それでも親御さん達もそういった主旨に共感をお持ちのようで、
「着替えは持っていかせません」とおしゃっている方もいらっしゃいました。
そして現在100名の募集ですが80名近く応募がきているようです。

まだ募集中ですので、興味のある方は大東青年会議所HPから申し込み用紙
をプリントアウトしFAXしてください。

三ツ川

 

未妊鍼灸施術のお問い合わせは→こちら

1 / 212


back to top